守護石の物語 - 3 -

天然石は母なる地球が育んだ聖なるミネラル

私たちがそのミネラルに思いを寄せ、

願いを託すのは当然の事でしょう。

下記はそんなミネラルの守護石として物語です。

 

27、アゲート/ドラゴンアゲート

28、アイオライト

29、サンストーン

30、ラリマー

31、アクアマリン

32、翡翠

33、天眼石

34、セラフィナイト

35、ターコイズ

36、モスコバイト

37、ローズクオーツ

38、水晶

39、アメジスト


27、アゲート(瑪瑙)・・・心と身体のバランスを保つ調和石

夢の世界を行き来する精霊「トンボ」の守護石

 

トンボは ホバリング体勢から、素早い方向転換を可能にし

縦横無尽に飛び回ります。

3万以上のレンズを持ち、1秒間に50カットのシャッタースピードで

数10メートル先のハエを捉える事が出来ます。

 

この事から「トンボ」は元は「ドラゴン」であったのが、

自らの魔法の過信で虫になってしまったと言われています。

 

トンボは天童と言われるような天才的才能の持ち主で、早くから活躍する精霊、

それは芸術、芸能の才能であったり、スポーツであったりします。

 

気持ちが純粋な為、簡単に口車に乗せられたり、

調子に乗って身を滅ぼす事もあります。

若くして大成した人が、早くして落ちぶれたり、

また、酒や薬物、ギャンブルで身を滅ぼす姿と重なります。

 

しかし、人に夢を与えたり、

愛すべき魂である事には間違いありません。

 

アゲートは現実と夢とのはざまで揺れ動く心を支え、生きる活力、調和する事を教えてくれると言います。

 

アゲートがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇アゲートはオパール(タンパク石)と水晶(石英質)が絶妙なバランスで織り成し形成されます。
 この事から精神と肉体のバランス、調和を表します。

〇自然が織り成す絶妙の模様、唯一無二の存在。私たちが誰とも違う事を体現してくれている。

 

こんな方に

〇躁鬱が激しい方。気持ちの波を抑えたい方。アゲートは移り変わりがある為、美しい事を教えてくれます。

〇ストレス軽減。特にブルー系のアゲートは心のバランスを保つのにいいとされます。

〇過去の大きな失敗、過ちを犯した自分が許せない方。過去と決別したい方。

 

アゲートを身に着け、バランスと調和を大事にしよう。


28、アイオライト・・・線引き、ケジメを促す境界石

アイオライトは強力なシールドを持つ精霊「アルマジロ」の守護石です。

 

アルマジロは危険を察知したり、

眠たくなったら丸くなって下界との関係を遮断します。

 

アルマジロの鎧は軟骨と骨で構成され、隙間がないほど綺麗に丸くなります。

しかも固く頑丈で、角度によっては弾丸を撥ね返すと言います。

 

私たちは、

色々と面倒な付き合いに縛られています。

 

上司からの断れないランチ、

同僚の飲み会、

乗り気のないコンパ、

訳の分からない同人会の誘い、

 

いちいち断る言い訳を考えて、頭を悩ましていたら、

あっと言う間に老け込んでしまいます。

 

あなたが悩むのは、

他人の誘いをどこまで受け入れるか、断るのか、

ハッキリとした境界を決めていないからそうなるのです。

 

アイオライトはアルマジロの鎧のように、

しっかした線引き、境界の設定を後押ししてくれます。

 

アイオライトがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇原石が風化すると結晶が独立し、境界を持ち花のような美しい模様になる。

〇アイデンティティーを確立し、自分自身を取り戻すとされている。

〇自分の時間を大事にし、夢の実現を後押ししてくれると言われている。

 

こんな方に

〇人の誘いを断れない方

〇自分の時間を作るのが下手な方

〇夢、目標の実現を強く願う方

 

アイオライトを身に着け、自分のペースを確立しよう。


29、サンストーン・・・アグレッシブを後押しする生命石

アグレッシブの精霊、アナグマの守護石。

 

アナグマは闘争本能の塊で、

売られた喧嘩は例え身体の大きな相手でも、

簡単には引き下がりません。

 

その形相は凄い迫力で、普通なら怖気づいてしまうほどです。

 

アナグマは生きる情熱を蘇らせる力を持ち、

ヒーラーの要素を持つと言います。

 

それはアナグマの負けん気の強さが

弱った心に勇気と希望を与えるからでしょう。

 

私たち日本人はとてもマナーが良く、

大人しい民族と言われています。

 

しかし、その為に言いたいことも言えず、

ストレスばかり抱えている人も多いのではないでしょうか?

 

サンストーンはあなたの心にエネルギーを与え、生きる活力を呼び戻してくれます。

 

サンストーンがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇太陽のようにギラギラと輝き、エネルギッシュの象徴。

〇古代ギリシャでは太陽と同様のパワーがあるという事で太陽神と同じように崇められた。

〇ライバルに勝つ、勝利する、などみなぎる自信を呼ぶストーンと言われています。

 

こんな方に

〇自分が正しくてもすぐに引き下がってしまう人。

〇情熱を保ち続けたい人

〇元気がないと感じる人。気力がわかない人。

 

サンストーンを身に着け、あなたのバイタリティーを呼び戻しましょう。


30、ラリマー・・・恐怖や不安を勇気に変える勇気石

怖がりで心配性の「ウサギ」の守護石。

 

ウサギは多くの肉食動物に狙われる存在で、

いつもビクビクしています。

空には鷲や鷹、

陸上ではピューマやヤマネコ、

蛇、キツネ、コヨーテ、

上げればキリがありません。

 

身体の大きさもネズミほど小さくなく、

目立つので、ウサギが臆病なのも仕方がありません。

 

恐怖は恐怖を呼びます。

一度心配しだすと、

私たちも止まらなくなることがあります。

 

恐怖に打ち勝つには、

恐怖を越える信じる心を持つこと。

広い海のような大きな心で自分を包む事。

 

ラリマーはあなたの恐怖を取り除き、安心感を与えてくれます。

 

ラリマーがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇美しい乳白色の青は、見る者の心を癒し、世界三大ヒーリングストーンの中でも最も人気があると言われています。

〇正式名はペクトライトですが、青く美しくドミニカで産出されるものだけが「ラリマー」と呼ばれ、愛と平和の象徴とされている。

 

こんな方に

〇心配事、悩みから解放されたい方

〇精神的に疲れている方

〇内向的で引きこもりがちな方

〇大きな勝負事、一大イベントが控えている方

 

ラリマーを身に着け、母なる海を感じよう。あなたの本来の力を奪う、心配や不安を解消しよう。

 

ラリマーを使用したタリスマン


31、アクアマリン・・・恵み、奉仕の精神を司る慈悲石

アクアマリンは恵みの精霊「七面鳥」の守護石です。

 

七面鳥は、アメリカンインディアンが仲間の家を訪れる際に手土産としました。

誰もが喜ぶ贈答品です。

 

ヨーロッパから北アメリカ大陸に渡ってきた人々はとても貧しく、

慣れない土地で冬を越すのは一苦労、

多くの人が栄養不足で息絶えたと言います。

 

その時にインディアンからの差し入れである「七面鳥」は

ヨーロッパ人の命を繋ぐ大事な食料でありました。

この素晴らしいしきたりが、後にイギリスに渡り、

クリスマスに神に感謝しながら食べる習慣となったのです。

 

ヨーロッパ人が感謝したのは他人であるにも関わらず、

困っている人に手を指しのべる慈悲の心。

それはそのまま精霊「七面鳥」となります。

 

七面鳥は自分が困っていても、

もっと困っている他人がいたら、

みんなで助ける事、

それがとても大事な事を教えてくれます。

 

決して「恩着せがましさ」を感じさせてはいけないのです。

さりげない慈悲の心は、

貰った人の心にも「贈る精神」「慈悲の心」が宿ります。

 

七面鳥は一回の恵みでなく、

恵心が繋がる事を望んでいるのです。

 

そして、アクアマリンは心の繋がり、本当のヒーリングの精神を 宿すと言われます。

 

アクアマリンがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇アクアマリンはベリルに不純物が入る事で美しい輝きと爽やかなブルーを奏でます。

 不純物、ダメな事、苦しい事を美しさに変える象徴とされます。

〇アクアマリンは夜の宝石と呼ばれます。夜、つまり暗い時、沈んだ時に輝く、希望の光を体現します。

 

こんな方に

〇辛い過去を捨て、新しく輝こうとする方

〇人の為になる仕事、奉仕活動に従事しようとする方

〇人も自分も癒し癒されたい方

 

アクアマリンを身に着け、本当の恵みの精神を心に留めよう。恵みの精神は一回限りでなく、繋がっていくものだから。


33、翡翠(ひすい)・・・大きな目標に向かって努力する団結石

団結の精霊「蟻」の守護石。

 

蟻は凄まじくパワフルな動物です。

スタミナはエルク

ネズミのような細かさ

アナグマの攻撃性

七面鳥の奉仕精神

 

これらの才能を兼ね備えながら、集団で力を合わせ生きています。

 

アフリカの一つの大きな蟻の群れは、

一日で人間と同じカロリーを消費するほどの活動力を持ちます。

 

私たちももし、一致団結して、

同じ目標の為に努力すれば、

どんな事でも達成できるでしょう。

 

翡翠は団結、繁栄、商売繁盛、達成を後押しする古来からの守り神です。

 

翡翠がそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇とても硬く、縄文時代以前から石器など道具として珍重されてきた。

〇鉱物自体の硬度は水晶以下だが、細かな繊維状結晶が絡み合う特殊鉱物の為、石の中で最も割れにくい団結石である。

 

こんな方に

〇チーム、グループで目的を達成しようとしている方々

〇結婚し家庭を築く方。家内安全を願う方

〇会社の繁栄を祈念する方。これから会社を設立する方。

 

翡翠を身に着け、揺るぎない繁栄を手にしよう!


33、天眼石・・・天から見守るように保護する天眼石

観察の精霊「イタチ」の守護石。

 

イタチの観察眼はとても優れています。

獲物を狙うポイントへの攻撃チャンス。

 鶏舎に出入りした人間の数。

 

イタチはとてもよく見ていると言います。

 

その観察眼の高さから、

イタチは秘密の場所を知っている精霊と言われました。

 

私たちは何かを選ぶ時に、

迷う事が多々あります。

 

それは選んだ先の将来が分からないからではないでしょうか?

 

天眼石は、

仏の目が宿ったアゲートとされ、

古くから護符や仏具に重宝されました。

 

天眼石がそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇模様がまるで目玉のように見える事から。

〇魔物は目玉を嫌がるという事で、厄除け、悪運払いとされた。

 

こんな方に

〇不安、心配性の方

〇洞察力、観察力を付けたいと思う方

 

天眼石を身に着け、よく見てしっかり判断しよう。天を味方にしましょう。


34、セラフィナイト・・・生きる喜びを体現する天使石

神に舞を捧げる精霊「雷鳥」の守護石。

 

雷鳥は自分のテリトリーを主張する為、

天高くで円を描くように舞います。

 

その颯爽とした雄姿から、

各国の文化で「雷鳥の舞い」というダンスがあり、

豊穣など感謝の祭りで踊られてきました。

 

私たちは、

ただ食べる為に生きているわけではありません。

 

自分の生きた証を何かにして残したい。

生きている証を感じたいと思う事はないでしょうか?

 

それが絵であったり、踊りであったり、

旅行の想い出であったり、

人それぞれあると思います。

 

しかし、これらも抑圧していては始まりません。

 

セラフィナイトはそんなあなたの心に翼をくれるストーンです。

 

セラフィナイトがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇紀元前から食器などの調度品で使用され、とても重宝された鉱物。柔らかい為に加工が容易。

 ありふれた鉱物ですが、天使の羽のような模様を持ったモノが産出され、正に羽が生えたように一気にブレイクした事から。

〇優しい色合いで、食器に使われるほど毒性が無く、心を解きほどく癒しのストーン。

 

こんな方に

〇引きこもりの方

〇トラウマがある方

〇対人関係が苦手な方

〇独立、独り暮らしなど始める方

 

セラフィナイトを身に着け、心を解放しましょう! 自由に飛び回りましょう。


35、ターコイズ・・・肉体、精神に幸せを運ぶ幸運石

パワーアニマル「馬」の守護石。

 

馬は有史以前より、人類にとってなくてはならない存在でした。

馬のお陰で行動範囲が広がり、

重いモノを遠くに運ぶことが出来、

文明の発展に大きく貢献してきました。

 

トルコ石の上品なパステルカラーは、

アステカやアメリカンインディアン、エジプト、ペルシャ、

インダスなど多くの文明で最上級の装飾宝石とされ、

身に着け、身体の状態で変色する事から、

悪い状態を事前に知らせてくれるお守りをされた。

 

また、アメリカンインディアンの間では、身に着けると弓矢の的中率が上がるとされ、

古代ヨーロッパでは、騎乗技術が上がると考えられていた。

 

トルコ石は現在では「旅のお守り」「幸運を運ぶ石」とされ、

世界各国で愛され続ける。

 

ターコイズは幸運を運び、あなたの旅路が無事であるように見守ってくれます。

 

ターコイズがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇古くからどの文化でも「旅のお守り」「安全のお守り」とされている。

〇汗の質によって変色する為、目に見えない体調変化を伝えてくれたと言われる。

〇ギリシャでは人馬宮(射手座)の守護石と言われ、馬と関連、移動を見守ると言われた。

 

こんな方に

〇車、船、飛行機など交通に携わる方。

〇海外旅行や出張が多い方

〇馬の仕事に携わる方

〇幸せを願う方

 

ターコイズを身に着け、颯爽と飛び立とう!

ターコイズを使用したタリスマン


36、モスコバイト・・・現実から未来を見通す預言石

預言の精霊「リザード(トカゲ)」の守護石

 

リザードは二つの目の他に頭頂眼と呼ばれる、

明るさを判断する目を持つ種がいます。

 

また、瞼を閉じていても、眼球がグルグルと活発に動かします。

 

その他、仲間のカメレオンも目を一つずつ独立して動かす事が出来、

未来を見通す預言者の目、サードアイ(第三の目)を持つ精霊とされました。

 

このサードアイは私たちでも持つことが出来るとされています。

 

実際にトカゲのように目を持つわけではなく、

心眼を開くのです。

 

左脳と右脳を繋げる松果体に辿り着き、

この松果体で見る眼こそサードアイだと言われています。

 

この目を開くと、実際の物理的な目だけでなく、

真実を見抜く、物事の法則性を見抜く、ロジックを見破る、未来を見通す、

これらの事が可能になると言われています。

 

モスコバイトはサードアイを意識する事を促すと言われています。

 

モスコバイトがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇モスコバイトは白雲母です。古代石薬として実際使われていました。期待されていた効果は投薬される人の自然治癒力、

 本来持つ生命力を高める事。第三の目は近代化し退化してしまった器官と言われています。

 これを開くことはその人本来の力を高める事と関連付けられた。

 

こんな方に

〇第6チャクラを開きたいと考えている方

〇サードアイに興味ある方

〇発明、開発、特許など誰もしたことがない事に挑戦している方

〇天気予報士、占い師、競馬トラックマン(予想家)など未来を予想する仕事に従事している方

 

モスコバイトを身に着け、あなたが切り開く未来はどんなでしょう?

どんな預言を授かるのでしょうか? とても楽しみですね。


37、ローズクオーツ・・・天の導きを察知し、心を通わせる感応石

天と繋がる精霊「アンテロープ」の守護石

 

アンテロープの立派な角は、

天との繋がりを連想させ魔術や呪術の象徴とされました。

 

現在では個人個人がスマホなど電子機器を持ち、

何時でも何処でも連絡を取り合える事が普通になりました。

しかし、科学が発達するずっとずっと昔、

アンテロープの劈くような角に、

人類は何かを受信するアンテナ、

通じ合う為の道具と考えたのでしょう。

 

そこからアンテロープは天と繋がる感応の精霊となりました。

 

私たちはアンテロープの象徴以上のル最先端のアイテムを手にしましたが、

そのアイテムのお陰で、心が通じ合う事が出来ているのでしょうか?

 

逆に誤解が増えたり、

トラブル、厄介、面倒が増えているかも知れません。

 

ローズクオーツは、優しい気持ち、心を通い合わせる事が大事だと教えてくれます。

 

ローズクオーツがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇ローズクオーツの淡いピンクに、 誰もが愛を感じ、優しい気持ちになる。

〇ローズクオーツは水晶の中でも結晶化が特に遅く、私たちが気持ちを伝えるのに時間が掛かる事と連動。焦らないでと語り掛けてくれるよう。

 

こんな方に

〇気持ちを伝えたい方

〇パートナー、気持ちを共有できる関係を築きたい方

〇恋愛、結婚を望む方

 

ローズクオーツを身に着け、優しい気持ち、素直な気持ちを持ちましょう。


38、水晶・・・すべてを清らかにする水を司る浄化石

水の精霊「カエル」の守護石

 

カエルは代表的な両生類。

水の世界と陸の世界のつなぎ役。

 

初夏の田んぼの大合唱は、

全てのカエルが力を合わせて、雨乞いをしているように感じます。

 

カエルは心や身体は水によって浄化されることを教えてくれます。

お風呂やシャワーは身体を物理的に浄化してくれ、

涙や汗は精神的な浄化を促すと教えてくれます。

 

古来より水の結晶と言われた水晶は、

万物を浄化すると言われてきました。

 

水晶がそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇水晶は水、氷の化石と考えられていた。

〇水晶は振動数が一定で、規則正しさが求められる水晶が用いられている。
 その際、単体では狂いが生じるが複数だと互いの狂いを正す事で知られている。

 

こんな方に

〇リズム正しく過ごしたい方

〇浄化、癒しを必要とする方

 

水晶を身に着け、浄化を意識しよう。あなた本来の姿を維持しましょう。

水晶を使用したタリスマン


39、アメジスト・・・自分を安売りしない優雅石

優雅で美しさの象徴、「白鳥」の守護石

 

白鳥は幼い頃は灰色で、くちばしも白と黒。

とても地味でカラーリングもぼやけた印象です。

 

それが次第に真っ白な羽毛に覆われ、

くちばしも黄色と黒の鮮やかな姿に成長します。

 

その劇的な変化から、

「白鳥の湖」

「みにくいアヒルの子」など

最後の最後に願いが成就する物語を多く生んできました。

 

アメジストは持つ者が、惑わされず大輪を咲かすことを見守ってくれると言います。

 

アメジストがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇アメジストを身に着けると酒に酔わないと言われた。つまり人からの口車に乗せられない、自己満足に浸らない目覚めの石とされた。

〇強力な浄化、悪魔よけ効果があるとされ、持ち主が弱っている時に守ってくれるとされた。

〇紫は高貴の象徴。出世、達成、成功の守り神とされた。

 

こんな方に

〇いじめで悩んでる方

〇将来に希望が持てない方

〇今は駄目でも希望を捨てず頑張っている方。心の支えが欲しい方

 

アメジストを身に着け、自分の可能性を信じて頑張ろう。

アメジストを使用したタリスマン