守護石の物語 - 1 -

天然石は母なる地球が育んだ聖なるミネラル

私たちがそのミネラルに思いを寄せ、

願いを託すのは当然の事でしょう。

下記はそんなミネラルの守護石として物語です。

 

1、スギライト

2、ホークスアイ

3、スモーキークオーツ

4、クンツァイト

5、ラブラドライト

6、ムーンストーン

7、トルマリン

8、モルガナイト

9、メタモルフォーシス

10、アンバー(琥珀)

11、タンザナイト

12、プレナイト

13、ラピスラズリ


1.スギライト・・・視野を広くする、宇宙と繋がる霊石

 自分を高い位置から眺めさせてくれる「イーグル(鷲)」の守護石。

イーグルは自分の生活圏、すべてを見渡す。

私たちは目先に囚われ、

ついつい視野が狭くなってしまう。

会社の一員、

組織の見えない鎖、

学校の義務的な教育、

家族という組織があなたを縛っている場合もあります。

 

見えない鎖に縛られて、

いつの間にか「それが当たり前」と自分に言い聞かせて、

物事を考える事も忘れてしまった、、、

そんな縛られた魂、

 

スギライトはそんな魂を解放し、
本当の役割、使命、魂の求める生き場所を教えてくれると言います。

スギライトがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇自然界では高貴で珍しい紫色を持つこと

〇紫色は第七チャクラとリンクする事

〇世界三大ヒーリングストーンに選ばれる癒しの力

すべてがスギライトが霊石と呼ばれるにふさわしい理由です。

 

こんな方に

〇仕事や家事に追われ、自分の時間がない方。

〇自分を見失っている方。

〇家庭環境が悪く、行き場所がない方。

〇転職したいが、どんなジャンルの仕事が良いか分からない方。

〇自分がまるで奴隷のように感じている方。

 

スギライト(霊石)を持って、勇気を呼び戻し、イーグルと共に飛び立ちましょう! 

 

 

スギライトを使ったタリスマン


2、ホークスアイ・・・天からのメッセージを受け取る受信石

鋭い眼光で2キロ先の小動物を見極める「鷹」の守護石。

鷹はどんな些細な変化、動きも見逃さないと言います。

 

私たちは、日々の生活に忙殺され、

 見えているのに見えていない、

サインが出ているのに気づいていないという事があります。

疲れすぎているのか?

あえて見ないようにしているのか?

そのせいで本当に気付かなければいけないサインまで見過ごしている事もあります。

 

そして、起こってしまった後で、「何故気づかなかったのか!」

そんな後悔をするのです。

 

ホークスアイは大事な気づきを促し、

見るべきものを見て、

気づきを与えてくれると言います。

 

ホークスアイがそう言われるのにはいくつかの理由があります。

〇一見、真っ黒に見える石にブルーのシラーが見える。(よく見る事で模様が浮き上がる様子)

〇キャッツアイ効果がある。角度を変えて見ると、キャッツアイが追いかけてくる。それが冷静な判断を表す青い色。

 鷹の鋭い眼光を思わせる。

ホークスアイが集中力や気づきを促すと言われる所以です。

 

こんな方に

〇集中力が途切れる方

〇単純なミスが続く方

〇人が伝えてくれているサインに鈍感かな?と思う方

 

ホークスアイを時々見つめ、物事を見据えるように心掛けましょう!

ホークスアイを使ったタリスマン


3、スモーキークオーツ・・・最後までやり遂げる継続石

抜群のスタミナと最後まで諦めないタフなハートの持ち主「エルク」の守護石。

エルクは決して一番初めに辿り着く事はないが、

着実に到達する継続は力なりを地で行く精霊と言われます。

 

私たちは目まぐるしく変化する社会、
流行り廃れに左右され、

5年10年のスパンで物事を計画的に考える事が難しくなっています。

ガラケーやスマホ、システムが僅かな期間で変化してしまうモノはその代表格と言えます。

昨今はモノを大事にするという事は軽んじられ、

使い捨て、消費の世の中。

仕事に関しても、リストラや派遣など、

人間も電気製品のようです。

 

自分が捨てられる立場になって、ようやく自分いとっての継続とは何だったのか?

そう考える事になります。

 

スモーキークオーツは自分にとっての継続するべき役目、

継続する大事さ、

継続するためのコツを教えてくれると言います。

 

スモーキークオーツがそう言われるのには、いくつかの理由があります。

〇水晶の中に、何かのサイン(狼煙・煙のような模様)を出している風貌。

〇水晶は結晶化していくのに数千年~数万年掛かる(環境によって違う)と言われます。
 そんな中でスモーキークオーツと呼ばれるようになるまで内包物を抱き続ける継続力。

〇地道な模様ながら、唯一無二の模様。グラデーション。長く続けることで独特の到達点に辿り着く象徴性。

スモーキークオーツが継続石と言われる所以です。

 

こんな方に

〇諦めが早い人・三日坊主の人

〇すぐに別のモノ別のモノと飛びついてしまう人。

〇大きな目的に向かって惑わされず着実に進みたい方。

 

スモーキークオーツの悠久が作りだす模様、グラデーションを見つめ、あなただけの人生模様を織り成しましょう!

スモーキークオーツを使ったタリスマン


4、クンツァイト・・・包み込む優しさの抱擁石

大いなる愛の持ち主「鹿」の守護石。

鹿は「愛する」という事は相手の良い面だけでなく、

悪い面も分け隔てなく愛する大いなる愛の精霊と言われています。

 

私たちは人を愛する時、ついつい自分の都合で愛を語ります。

自分の好み、自分の都合の良い「好き嫌い」と

「愛」を混同してしまうのです。

 

愛はとてもパワフルで懐が広く、器の大きいエネルギーに満ちています。

現代社会では何かに怯え、追い込まれ、余裕がなく、

「愛」というエネルギーを維持するのがとても難しいかも知れません。

 

しかし、戦争や天災の大惨事に、

自分より他人を思いやる素晴らしい魂の持ち主のエピソードを聞いたことはないでしょうか?

 

クンツァイトは鹿のバンビの模様のように白い斑点、

そして、暗い鹿毛の面も同じように愛する事を思い出させてくれます。

 

クンツァイトがそう言われるのには、いくつかの理由があります。

〇淡く優しいピンク色は心を和ませ、豊かにする。

〇独特の結晶形態が織り成す光のグラデーション。影がある事で光る面が見える事を教えてくれる。

〇美しいながらもレアメタル「リチウム」を含みエネルギー体である事。

クンツァイトが抱擁石と言われる所以です。

 

こんな方に

〇愛を上手く表現できない方

〇自己愛が強すぎると感じる方

〇人を分け隔てしたくない方

 

クンツァイトが見せる淡くて優しいピンクを身に着け、大いなる愛と言うエネルギーを持ち続けましょう!

クンツァイトを使ったタリスマン


5、ラブラドライト・・・松果体に辿り着く内省石

自分を見つめる精霊動物「熊」の守護石 。

熊は厳しい冬の間、食べ物を求めて動き回ることなく、

ただじっと春の到来を洞穴、切り株の下で冬眠して過ごします。

その姿から厳しい時期にはもう一度母の胎内に戻る気持ちで内省する精霊と考えられました。

 

私たちは巡るめくスピード社会の中で立ち止まる事さえ許されません。

子供たちは自分のやりたい事、

自分の長所を知る余裕もなく、幼いころから義務教育。

本来、学ぶ事は楽しいはずなのに、

学ぶ楽しさよりも押し込む教育で考える力を麻痺させられてしまいます。

 

成績優秀者は、そのまま受験競争に入り込み、

大学に入って、もしくは就職して初めて自分を見つめる事もあります。

 

多くの人が休みたくても、自分を見つめたくても余裕がない!

そんな荒廃した砂漠のような社会に一人たたずむ。

 

立ち止まる事は、即離職→無職→経済困難。

周囲に人はいるけど、孤独を感じる。

そんな目まぐるしい世の中で、

ラブラドライトは辛い側面しか見えない現状から、

あなたの色とりどりの可能性を模索する事を教えてくれています。

 

ラブラドライトがそう言われるのにはいくつかの理由があります。

〇一見地味な鉱物に見えますが、光の加減で美しいシラー、ホログラムのようなレインボー(虹色)の輝きを放つ。

〇鉱物好きが深まれば深まるほど魅力が分かる石と言われている。玄人好み。いぶし銀の魅力。

〇光の変化が様々でナンバーワンでなく、オンリーワンを教えてくれる

 

こんな方に

〇自分を見つめ直したい方

〇原点に返って自分を取り戻したい方

〇今は耐え忍び、必ず元気な自分に!と思っている方

 

ラブラドライトを身に着け、あなたの松果体(あなたの中枢)に入り込み、

生まれ変わって冬眠を終えた熊のように飛び跳ねたくなる春(スプリング)を迎えましょう!

ラブラドライトを使ったタリスマン


6、ムーンストーン・・・自らの傷を癒し復活する再生石

大きなダメージも脱皮する際に完璧に傷を癒すことから、

古より不老不死、再生の精霊動物「蛇」の守護石。

 

私たちは大きな傷を受けると、立ち直るのに時間が掛かったり、

酷い場合はもう二度と立ち上がれないと感じる事があります。

 

周囲の人が励ましの言葉をくれたり、

手を差し伸べてくれる事もありますが、

本当に傷ついてしまったら、

それらは全て上辺だけの言葉に感じるものです。

 

あなたが大きな外傷を負って病院に運ばれたとします。

医師は最善の手を施してくれました。

「あとは患者さんの生命力、自己治癒力です。」と言われました。

心の傷も身体の傷も大きな傷であればあるほど、

あとはその人の自己再生能力が鍵となります。

 

ムーンストーンはあなたの自己再生能力、再スタート、復活を促す事を

あなたのペースに合わせてゆっくりと教えてくれます。

 

ムーンストーンがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇ムーンストーンはシルバームーン、月の輝きを連想させてくれます。月は夜、静かに輝きます。

〇あなたの長い人生の中で、日の当たるポジティブな面、そして月明かりが輝く夜の存在があります。
 ムーンストーンはあなたの人生の夜の部分を「月」と同じように見守ってくれます。

〇落ち着いたシラーは優しい色で光ります。特にブルーに光るムーンストーンはあなたに落ち着きと復活する為の力をくれると言われています。

 

こんな方に

〇辛い過去から離れ再スタートしたい方

〇一つの区切りを付けたい方

〇大きな別れ、環境の変化があった方

 

ムーンストーンを身に着け、月の力と共に、

復活、再生を無理やりでなく、あなたのペースでゆっくりゆっくり迎えましょう。

ムーンストーンを使ったタリスマン


7、トルマリン・・・自らの評価、評判をコントロール、操作石

自らの噂、イメージを巧みに使い、

争いを避けたり、カリスマ性を上手く利用する精霊「スカンク」の守護石。

 

私たちは周囲と会話する事でどんな影響が出るのか気に掛けずに

無意識に考えもせず話している事があります。

 

そんなつもりで言った訳ではないのに誤解が生じたり、

トラブルに巻き込まれることも少なくありません。

言葉、ニュアンスの違い、

最近ではスマホなどで文字で会話する事も多く、

SNSなどの文字の場合は記録に残ってしまうので、

何度も読み返している内に大変な誤解が生まれる事もあるでしょう。

読む人のその時の気分で内容が変わる可能性もあります。

 

精霊スカンクは身の危険を感じると臭いと言われる体液を敵に噴射します。

しかし、実際それを浴びた人は殆どいません。
特に日本では実物を見たこともないのが現状ではないでしょうか?

 

それにもかかわらず、子供でさえも「スカンク」のオナラは強烈だという事を知っています。

この事からスカンクは噂や評判をコントロールする精霊となりました。

スカンクは敵対しても戦わずして、お尻を持ち上げるだけで相手が逃げていく事も知っています。

 

トルマリンはあなたにとって不利な対人関係の摩擦を取り去ってくれると言われています。

 

トルマリンがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇トルマリンは電解質で摩擦による静電気、電磁波を除去すると言われている。
 (科学的な根拠はないが、多くの人にそう思われている。マイナスイオンと言えばトルマリンと結びつく。)

〇トルマリンは電極を持ち、帯電すると周囲のゴミや埃を引き寄せます。
 つまり自分から集めなくても、周囲の噂やゴシップがやってくる事から評判をコントロールできる象徴とされた。

 

こんな方に

〇人の噂に惑わされやすい人

〇すぐに人に乗せられる人

〇陰口や悪口で辛い思いをしている人。または聞きたくない、関わりたくない人。

 

トルマリンを身に着け、人の噂話、悪口で摩擦されて出来る悪い電磁波を断ち切りましょう!

また、噂やゴシップ好きな自分と決別するのです。

トルマリンを使ったタリスマン


8、モルガナイト・・・女子力アップの女性石

大らかで笑顔が絶えない、遊ぶことが大好き、子供も大好き、

食べる事も大好きな女性性を象徴する精霊「カワウソ」の守護石。

 

カワウソが女性性を象徴する精霊と言われるのは、

アメリカンインディアンの文化で培われたものであり、

現代の日本においては当てはまらない面、

また男尊女卑、性差別と考えられる危険性があります。

そのことを踏まえてご参考にしてください。

 

さて、カワウソはとても綺麗好きで子煩悩です。

子供が望めば10時間以上でも一緒に遊び、良く動くのでとてもよく食べます。

その姿から、大らかで家庭的な憧れの女性像として精霊と考えられました。

 

カワウソが子供たちと同じ目線で遊ぶ姿は純真で、

人からどう見られているか?よりも大らかに楽しむ、生きている事を愉しんでいます。

そして、お腹が空いたら思いっきり食べ、そしてよく寝ます。

綺麗好きで子供も自分の毛づくろいもして、常に身だしなみに気を付け、

巣の中もとてもよく掃除します。

 

綺麗好きのカワウソは巣に食べ物を貯め込む事なく、自分が食べない分は気前よくみんなに分け与えます。

女性は嫉妬心が強いと聞くことがありますが、アメリカンインディアンがいう嫉妬心はむしろ男性の習性だと言います。

女性は本来、他人の子供でも大変だったら自分の子供と分け隔てなく育てるくらい懐が広く、愛情が豊かだとされています。

 

モルガナイトはそんな大らかで母性豊かなカワウソのような女性性を引き出すと言われています。

 

モルガナイトがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇モルガナイトはベリルの仲間です。ブルーはアクアマリン。グリーンはエメラルド。
 高級宝石に属し、その中でもピーチカラー(ほんのりピンク色)のモノをモルガナイトと呼びます。
 ピーチは女性の豊かな下半身を連想させ、豊穣の守り神です。

〇モルガナイトは穏やかで温かい家庭を表すストーンとされます。

〇持ち主をチャーミングにし、可愛らしさを引き出すと言われています。

 

こんな方に

〇女子力が足りないと思う方

〇カリカリして大らかさがないと思う方

〇結婚して幸せな家庭を築きたい方。素敵な女性、奥さんになりたいと願う方。

 

モルガナイトを身に着け、細かい事は気にせず笑い飛ばして女子力を高めよう!

モルガナイトを使ったタリスマン


9、メタモルフォーシス・・・変化変容を司る変容石

芋虫から蝶へ、変化変容の精霊「蝶」の守護石

 

蝶の変容はそれはそれは見事なものです。

卵から幼虫、幼虫も段階を経て、皮を脱ぎ捨てるたびに大きくなり蛹に、

そしてクライマックスの蝶へと変身する姿は生命の神秘です。

 

私たち人間の中でも、目立たなかったあの人が、

気が付いたら驚くほどに変容したという事があります。

蝶はそれを体現した精霊。

 

特に「蛹」の時は、身動きが出来ず、蝶になるまで安全に過ごせるかは一種の賭けです。

そして、蛹の殻の中で、一度身をドロドロに撹拌して、

全く違う姿に自分を作り変えるのです。

 

蝶はその生態から、

私たちがもし変化変容を望むならば、
自分をじっくり見つめ直し、撹拌する重要性を体現しています。

また、芋虫が蝶へと、

同じ生物と思えないほど変容するように、

あなたも自分を先入観で縛らないようにと語り掛けます。

 

メタモルフォーシスはそんなあなたの変容を促すと言われています。

 

メタモルフォーシスがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇乳白色でグラデーションの様が優しい撹拌、移り行く変容を思わせる。

〇放射線の一種(ガンマ線)に反応し、色を変える事から。(乳白色は微量の金属が含まれている為であり、それらが反応して変色する。)

 私たちにも気が付かないだけで多くの才能を持ちます。それらを刺激し、光を当てると変容する事と重なり合います。

 

こんな方に

〇自由に飛び立ちたい方

〇今までと全く違う自分になりたい方

〇自分で自分を縛り付けていると感じる方

 

メタモルフォーシスを身に着けて、あなたの可能性を見出し、蝶のように飛び立ちましょう!

メタモルフォーシスの商品紹介


10、アンバー(琥珀)・・・母なる大地と繋がる接地石

地球上の長老的存在と言われる「亀」の守護石

 

「亀」はアメリカンインディアンの言い伝えによると、

全ての生命体の長老的存在とされています。

地球は地殻変動や天候の移り変わりなど、自浄作用を持っています。

固い甲羅を持つ亀は、この地球の姿の象徴であり、精霊とされました。

 

私たちは地球上で存在している以上、地球との繋がりを常に意識し、

地殻変動や気候の変化と上手に付き合わなければなりません。

母なる大地と繋がりに感謝の念で接すれば、

海や山の恵み、農作物をいただいていることが素晴らしく幸せな事に気付きます。

そして、私たちもいつかは土に還っていく事を自然に受け止められます。

限られた命、大地の恵み、

アンバーは母なる大地との繋がりを思い出させてくれると言われています。

 

アンバーがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇人類が装飾品として身に着けたのはアンバーが最古と言われています。大地の恵み、素晴らしい産物と意識した最初の宝飾品。

〇恐竜など約2億年前の死骸が変化し石油、樹木が石炭になったと言われるように、アンバーは樹液が硬化した産物です。
 そして、稀に昆虫などがそのままの姿で入り込んでいます。昆虫の残骸は化石として残りにくく、このアンバーに包まれたことで私たちは目にすることが出来ます。命が大地に抱かれている象徴とされ、とても高価で希少価値が高いです。

 

こんな方に

〇将来が不安な方

〇必要以上に孤独を感じる方

〇自然を相手に仕事をしている方

〇中国では虎の魂が結晶化したものと思われ琥珀と呼ばれました。強く生きる魂を呼ぶと言われます。

 

アンバーを身に着け、グラウンディングしましょう。
地に足がついている事を意識する事で、心はどっしりと落ち着きます。

アンバー(琥珀)を使ったタリスマン


11、タンザナイト・・・自分の生きる価値を知る自尊石

シカ科最大の体長を誇り、角は2メートル以上になる威厳に満ちたヘラジカの守護石。

 

ヘラジカは巨大な体躯を持つが、天敵は多く捕食されることも多い。

しかし、繁殖期に入ると、オスは天敵に見つかる事をものともせず、

野太い大きな鳴き声でメスを呼ぶ。

その姿から危険にさらされることをものともせず、

自分の魂の叫び声をあげる勇気の精霊とされた。

 

変人扱いされるかもしれない、
後ろ指を指されるかもしれない、

しかし、自分の心から溢れ出てくるメッセージ、伝えたい気持ちを出さなければ、

生れてきた意味がない。ヘラジカは力強く主張します。

 

私たちはやりたいことがあっても反対されるのが嫌で、
または失敗する事を恐れて黙ってしまう後ろ向きになることがあります。

 

太古のアメリカンインディアンの人々は、
そんなネガティブで臆病な心を持つ私たちに対して、
ヘラジカの命を懸けた雄叫びに、精霊の姿を見たのでしょう。

 

タンザナイトは、自分の魂の叫び、生きる価値を見出すと言われています。

 

タンザナイトがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇タンザナイトは現在でもタンザニアのメレラニ鉱山でしか採掘されたことがなく、希少性と共に唯一無二、誇り高い象徴とされている。

〇タンザナイトは名前の通り、タンザニアの夜の透き通る空の美しさが由来。包み隠さない透明性を物語る。

〇タンザナイトの青はどこまでも続く空の色。ヘラジカの空に轟く潔い叫び声が遠くに届きそうです。

 

こんな方に

〇好きな人に告白できない方(心では思っているけど、声に出して伝える事が苦手な方)

〇人生の目的を見つけ、これから大きな活動をしたいと思っている方

〇NPO活動や慈善事業、伝道活動をしている方

 

タンザナイトを身に着け、自分が生れてきた価値を見出す勇気ある行動を起こそう! 魂の声をあげてみよう!

タンザナイトを使ったタリスマン


12、プレナイト・・・天真爛漫を司る純真石

天真爛漫を体現するヤマアラシの守護石。

 

ヤマアラシはネズミの仲間であり、

通常のネズミの仲間なら天敵に見つからないように出来る限り身を隠して過ごす。

しかしながら、このヤマアラシは体毛が棘のように進化し、

しかもその棘はべニア板やトタンを貫通するほどの威力を持つ。

その為、虎や熊といった屈強な肉食獣でもヤマアラシを襲う事はまずありません。

 

その為、怖いモノを知らない子供のように興味あるものに飛びつく姿から、

天真爛漫を地で行く精霊とされました。

 

私たちは興味あるものに純粋に向き合った幼少の頃に比べ、

年を取るにつれ、

「あれは損する。」

「これは危ない。」

「やるだけ無駄。」など、

頭で計算する事が多くなります。

遊びに関してもそうです。

遊び心が無くなる事で、退屈したり、つまらないと感じたり。

「最近面白い事が何にもない!」と、もしあなたが感じていたら、

それは環境のせいでなく、私たちが純粋さを失っているからかもしれません。

 

プレナイトは忘れてしまった純真を思い出させてくれると言われています。

 

プレナイトがそう言われるにはいくつかの理由があります。

〇和名を葡萄石と言い穏やかなマスカットグリーンをしています。まるで森林浴の中の穏やかな木漏れ日を連想させてくれるリラックスカラー。

〇プレナイトの淡いグリーンを見ていると、幻影のように遠い記憶を呼び戻すようです。遠い遠い純真な子供心が蘇るようです。

〇凝り固まってしまった気持ちを和ませる。こわばった心を柔らかくしてくれます。

 

こんな方に

〇第二、第三の青春を迎える方

〇趣味や好きな事が仕事になって、最近新鮮味を失っている方

〇何事に対しても批評家目線で物事を見てしまう方

 

プレナイトを身に着けて、屁理屈ばかりの自分にさよなら。頭で考えるのでなく心で感じよう!

プレナイトを使ったタリスマン


13、ラピスラズリ・・・幸運を運ぶ聖石

トリックスターと言われるコヨーテの守護石。

 

コヨーテは一人遊びをする習性がある。

これは遊びというよりも狩りをする時のフェイントやトリックとも言われる行動だが、

アメリカンインディアンの間では古くから「トリックスター」と崇められている。

 

コヨーテはタバコや酒、火、死をもたらしたとされ、

考えようによっては神は神でも死神とも言える。

 

大ぼら吹きで、詐欺師で、時折多くの人をパニックに陥れる。

しかし後で考えると、人間の愚かさや大きなテーマを与えてくれる存在となる。

 

みんなに馬鹿にされる存在だが、果たして本当にそうだろうか?

 

今のこの世の中で真面目に生きる事が出来る人の方が狂っていて変であり、

常人であればこそ、むしろ平静を保つことが困難かも知れない。

 

みんなの電力の為に環境破壊をする原発? んっ、電気って環境より大事なの?

老後の為の確実な投資です!と勧める銀行員。だけど詳しく聞くと損する場合もあるとか、でもギャンブルとは違う!?なにそれ?

長生きの為の医療でお金が足りないから税金を上げる!? なにそれ?

 

本気で考えたら、ツッコミどころ満載の現代社会。悲劇というより喜劇。

しかし、流れは止められない。

そんな社会のギリギリで生きている人に幸運、神のご加護があるとされるラピスラズリ。

ラピスラズリはあなたに本当に必要なモノを与えてくれると言います。

 

ラピスラズリが神のご加護と言われるにはいくつかの理由があります。

〇鉱物と扱われたのは人類最古と言われ、ツタンカーメンなどの装飾に使われている他、ダビンチの最後の晩餐の群青色の絵の具にもなり、

 様々な神聖な場面で選ばれている。

〇濃い夜空のような青に、金色のパイライトが散りばめられた姿に宇宙を感じる。実際、身に着けたものは宇宙を支配できると考えられていた。

〇金よりも高い値段が付いていた時代があり、神と繋がる石と言われた。

 

こんな方に

〇心的にストレスを抱え、心が弱っていると感じる方

〇何かの依存症から脱する為のお守りが欲しい方

〇宇宙を身近に感じ、瞑想のお供にしたい方

 

ラピスラズリを身に着けて、宇宙(神)のご加護を味方にしましょう。

ラピスラズリを使ったタリスマン