心旅八景

思いつくまま

アストロオラクルカード 冥王星について

f:id:ELTON:20180220073456j:plain

惑星カード「冥王星」について

冥王星」は2006年、惑星の概念から外れてしまい、
準惑星と位置付けられました。
しかし、冥王星は長年、太陽系惑星の最後と考えられてきました。
冥王星の由来はこの世の最後、
「冥府」の王が住む星。
冥府は「冥土の土産」との言葉がある通り、
「あの世」や「死後の世界」
冥王星はまさに世界の果てと考えられました。
冥王星は月より小さいですが、
太陽の周りを248年足らずで一周し、
約6日半で自転します。

冥王星の動物的象徴

カエル

冥王星のシンボルマークについて

f:id:ELTON:20180220112612j:plain

発見者パーシヴァル・ローウェルの頭文字であり、
ローマ神話の冥府の神「プルートー」の短縮表記にも一致する為、
モノグラム形式のシンボルとなっています。
こちらの方が一般的ですが、占星術では惑星記号っぽくない事から、

下記のマークも使われています。

f:id:ELTON:20180220112622j:plain

 

冥王星の逸話

ローマ神話の「プルートー」は冥界を司る神。
ギリシャ神話の「ハーデース」と同一視され、
逸話はほぼ、「ハーデース」の神話が
取り入れられています。
ハーデースはウラヌスとガイアとの子でゼウスの兄。
兄弟ポセイドンたちと共に、
ウラノスに飲まれてしまいます。
しかし、機会を伺いゼウスを始め兄弟力を合わせ、
父ウラヌスの保守的、
古代神族「ティーターン一族」を滅ぼします。
その時、ハーデースは被ると姿が見えなくなる兜をまとい勝利に貢献しました。

戦いの後、ハーデースは兄弟と領域を決め合い、
地上の地下世界、そして冥界を治める事となります。
冥界は生きとし生けるモノが身体の死を迎え、行きつく場所。
そのシンボルとして冥王星を作ったとされます。
冥王星がこの世の最後と考えたのでしょう。

さて、プルートーは父、ウラヌスに飲まれた胃の中の
深くて暗くて不明瞭で、不思議な空間、
現実と物理的な世界から遮断された場所で過ごしました。
そして助け出されて戦いに加わるのです。
この出来事はハーデースを象徴する物語です。

冥王星は僅かな期間を除いて、これら惑星の中で最も遠い存在です。
その遠い存在にも関わらず、縁が出来たことから、
別々に生まれたもの同士が結びつく結婚も意味します。
結合
絶頂
火打石
核融合

アストロダイス、カードにおいて冥王星のサインが示す事

カード、ダイスが冥王星を示したら、
破壊、再生、復活のエネルギーの焦点が当てられています。
私たち命あるものには、本能的な衝動、
生きるための強い衝動があります。
生のための衝動は非常に強く、
時に破滅的で、別の命を生み出すパワーにもなります。
火山の爆発などの地殻変動も、
古い状況が破壊され、
新しい面が誕生し、日の目を見る壮大なる生の営みです。
このエネルギーは生であり、死であり、
変容的なエネルギーに満ちています。
爆発的な生産力
爆発的な破壊

冥王星の力が働くとき、
あなたの周囲は驚くような環境の変化、大事態があるかもしれません。
それは一刻を争う事態かもしれません。

冥王星のエネルギーは、あなたを一変させ、
あなたの活動を別の方向へ変えるため、
強力な刺激、大きな衝撃を与えます。
人生は進化の過程であり、
変化変容は避けられません。
赤ちゃんが幼児時代を終わらせ、
学校に入ります。
和気あいあいとした学校を卒業すると、
大きな学校に入り学生になります。
学生を終え、仕事に就く、もしくは仕事を自分で始めるかもしれません。
やがて素敵な出会いがあり結婚します。
結婚相手は二人の愛を永遠に誓いますが、
お互いの間に赤ちゃんが生まれます。
生れたことで愛の形も別のモノに変わります。
この終わりと始まりの連続は人間の時間で
僅か数年でやって来るのです。
中にはもっと早い人もいます。
まるで一つの人生にいくつもの人生があるようです。
これが冥王星のエネルギーです。

誰かがきっかけを作る事もあるし、だいたいは時間である事が多いようです。
私たちは常に天王星のエネルギーを受け入れ、上手く調和しなければなりません。

冥王星を表す植物

イチジクの木
柘榴
黒バラ
水仙

エネルギーとしての冥王星

深い精神
隠れた力
排泄
遠い
妄想
再生
変換/更新
臨界
反射
検出
暗闇

冥王星と連動する鉱物

ブラッドストーン
黒曜石
オニキス

その他の冥王星的象徴

輪廻転生/生まれ変わり
珈琲
埋蔵物
地下室
トンネル
セックス
マスク
火山
原子力