心旅八景

俺はどう生きるか?

アストロオラクルカード 海王星について

f:id:ELTON:20180220075153j:plain

惑星カード「海王星」について

 「海王星」は海の漢字がついている通り、
海のイメージが真っ先に飛び込んできます。
現名称の「ネプチューン」の基となったローマ神話の「ネプトゥーヌス」は海の神であり、同一視されるギリシャ神話の「ポセイドン」もまた、海と地震の神である。
そして、期待通り、
海王星アンモニアの混ざった水に覆われた惑星なのです。
水ではあるものの、
高密度の為、氷に分類され
天王星と同じくアイスジャイアント(天王星型氷巨大惑星)と呼ばれます。
海王星は大気を持ち、その大気に1パーセントのメタンが含まれています。
そのメタンのお陰で美しい真っ青な姿をしています。
地球の3.88倍の直径を持ち、
165年弱で太陽を一周する惑星。
自転周期は16時間強。

天王星までは条件が揃うと肉眼で見る事が出来ますが、

海王星は肉眼では見る事が出来ません。

海王星のシンボルマークについて

f:id:ELTON:20190124185901j:plain

海王星のシンボルサインはネプチューン(ポセイドン)の武器、

トリアイナ、トライデントがモチーフになっています。

トリアイナは3つの歯を意味する漁具であり、

漁業が盛んな日本でも馴染みある「やす」です。

後に正式な武器となり、ローマ時代には剣闘にも用いられています。

矢印が上に3本も突き進む形はネプチューンの力強い意志と突破力を意味します。

ギリシャ神話のポセイドンは怒りが最高潮になれば、大地震を起こし、

その力は遠く冥王星(プルート)までも脅かすパワーと言われています。

また、3つの矛先は三位一体を表し、

精神、力、魂が一体となって同じ方向に進むことを意味します。

その他、精神、身体、心、

誕生、生きる、死

過去、現在、未来
海王星エネルギーは多様性と広範囲であることを知らせてくれます。


海王星が象徴する動物

馬(競馬の神でもあります。)

牡牛

イルカ

 

海王星についての逸話

海王星と同一視されるポセイドンは

「クロノス(土星)」と大地の神「ガイア」との間に生まれました。

後にポセイドンは、父親に飲み込まれます。

理由はポセイドン以下、子供たちが自分よりも強力な力を持つと預言を受けたためです。ポセイドンは兄弟の全知全能の神「ゼウス(木星)」に負けない力を持っていますが、僅かの差で父から逃れた「ゼウス」と比較すると、暗い時代を過ごしました。
ポセイドンはクロノスの淀んだ腹の中で、

哲学的になり、瞑想し、めぐるめく時間を過ごしました。

彼は自分の松果体に入り込み、

自分が何者か、明快な答えを得る為
想いを巡らせました。

そして、ついにポセイドンは世の中の変容の秘密を見極める旅に終止符を打ちました。
その後、ゼウスがクロノスを討ち、
ポセイドンを救い出します。(その他の兄弟たちも)
兄弟たちは協力し合い、
分け合って宇宙を支配します。
ポセイドンは地球に海をもたらし、泉や川、湖などの水の神となります。
水は心霊体験や先祖との繋がりに欠かせません。
また、感情や夢の象徴でもあります。
ポセイドンが司るのはこれらの要素も含まれます。

アストロダイス、カードにおいて海王星のサインが示す事

ダイス、カードに海王星が出た場合、
あなたの憧れや夢、空想の世界とエネルギーに焦点が当たっています。
子供の頃に確かに見えたはずの妖精や精霊の世界。
それらを見る、もしくは作り出すエネルギーに満たされています。
もしかしたら、あなたに今必要なエネルギーの場合もあります。
あなたの憧れと理想はネプチューンが司ります。
ネプチューンの世界は全てが幻想的で
空想と素晴らしい想像力があります。
夢のアイランドを指差し、
「綺麗だね」と素直に言える人間は、
この愛に満たされた夢のような神秘的な世界に調和する能力を持っています。
あなたは今までに、
幸せに満たされた感情を持ち、
調和のビジョンを有する理想的な魂に
出会ったことがあるのではないでしょうか?
あなたの魂を揺さぶる完璧な存在。
もしかしたら、それはシンガー、映画スター、
アニメの主人公、もしくは主人公の友人、
アーティストかも知れません。
ここでは全ては実在しているモノでないかもしれません。
誰かの創作、誰かが演じてるものかもしれません。
しかし、それは想像した世界とは言え、美しく、
人生の厳しい現実を取り去ってくれます。

何故なら、これらの魅力的で人の心を離さない世界観は
人間の理想と憧れ、あるべき姿を表現しているからです。
あなたは映画スターの演じる役に恋するかもしれませんし、
誰かの歌や詩に、命の大切さを教えられるかもしれません。
また、気分が悪くなるような悪役に「悪の汚さ」を見せつけられて、
悪というモノを知り、
その悪役が成敗される姿に爽やかな風を感じることもあるでしょう。

ポセイドンが父、クロノスの腹の中で行った内省、
哲学、瞑想の旅は実体験だけでなく、
我々が成長の為に必要だという事を示しています。

ポセイドンのエネルギーは、
精神現象を司る神経系の主要な部位である「松果体」を支配すると考えられています。
覚醒、ビジョンクエスト、涅槃(悟り)、無、※神性など。
(神性とは、身体の死を迎えても魂本来が求める意識、願望。)

実際、松果体のコントロール実践者はその潜在能力を高めると言われています。
インドのヨガをはじめとする、
様々な瞑想は最終的にこの松果体のコントロールと解放とも言われます。

海王星のシンボルを思い出してください。
三つの矢印が一体化し、
心技体で目指す事を示しています。
海王星は、あなたが神性、霊的な意識を取り入れる事で、
海王星本来のエネルギーの力を利用することができます。
海王星のパワーは身につける鍛錬が必要で、維持するのも困難です。
例えば、瞑想的な鍛錬であり、
肉体の鍛錬では冷水に飛び込んで、リラックスすることなど、
感情的な解放、明快さ、清涼さを得ることから始まります。
この行動は、感情の解放に伴い、
あなたの精神的意識の現状が分かります。

感情は一過性のものと思われがちですが、
精神的能力に深く関連しています。
海王星エネルギーはバランスを崩した精神、魂、心を水の魔法によって、
取り戻させてくれます。

ポセイドンのマイナスエネルギーについて

ゼウスと同等の力を持ちながら、
ポセイドンは不遇の時代を過ごします。
その為、エネルギーが強すぎると欺瞞的、
浮世離れしたことにもなりかねません。
現実社会で孤立したような空想的すぎる考え、
躁鬱のような浮き沈みの激しい状態では、
ゆっくりと別の日に決断した方がいい事もあります。

エネルギーとしての海王星


直感
霊能力
発明
マジック
知覚
心理学
哲学
秘伝
オカルト
想像力
神秘主義
感情
影/隠された人生の側面
ボランティア

海王星を象徴する花・植物

海王星の物質的象徴

真鍮

海王星とシンクロする天然石、宝飾品

アクアマリン
珊瑚