心旅八景

俺はどう生きるか?

アストロオラクルカード 月について

f:id:ELTON:20171129214613j:plain

惑星カード「月」について

惑星カードの「月」は太陽との正反対の立場で比較されます。
太陽が「動」ならば、月は「静」
男性/女性
光/影
母性や縁の下の力持ち的な存在を表します。
アフリカやアボリジニネイティブアメリカンなどの文明では
月を男性としており、日本でも月を神格化した「月読見尊(ツキヨミのミコト、ツクヨミのミコト)」は一般的に男性神とされています。
月の性別も太陽の性別も、その土地の文化、思想の違いが分かる様な気がします。
いずれにしても、月が私たちに姿を表す時、
月は自分では光を発していないという事です。
月にも引力があり、
地球に潮の満ち引きなど様々な影響を与えています。
しかし、視覚的に私たちの前に現れる時には
太陽の光を頼ります。
太陽の光を反射して姿を表す事で、

「月」は微妙な立場の象徴となります。
受動的、反映的、神秘的、透明感、間接的、ベールに包まれた、など、、、
太陽が自らアピールし存在感を示すのに対して、
月は神秘的であり、照らされる事で姿を見せます。
そして、太陽と違い、私たちは肉眼で月を見つめる事も出来ます。
月は私たちを柔らかく包み込み、秘密の世界をオープンに示してくれます。

月のサインから示される物質的要素

月は自己主張せず、争わず、穏やかに影響を与えます。
月は十二宮サインの蟹座に影響を与え、
直感的な思考と感情を司ります。
「月」は「水」とソウルメイトであり、
蟹座の基本的要素が水であることから、とても親和的な関係です。
月の象徴に「洪水」「荒波」があるのもこの為でしょう。
月は錬金術においても重要な要素です。
月の素直さ、純粋さ、変化する様は錬金術の化学変化を表しています。

月の動物的象徴



コウモリ

イルカ
ネコ
フクロウ
タツムリ
ウサギ

月にまつわる逸話

月もまた、あらゆる宗教に登場し、
神となっています。
アルテミス:ギリシャ神話の狩猟の女神。

また、貞操、保護、報復、助産、出産の象徴とされています。

ディアーナー(ダイアナ):
ローマ人の狩猟師の原型と森林の女神。
鋭くとがった三日月が弓矢を連想し、
そこから狩猟の神となったとされる。
しかし、もとは女性や動物の保護者で、
樹木の神とも言われます。
女性の力と独立の象徴。

ヘカテ:
魔術、誕生、輪廻、浄化の女神。
巡行する交差点の神。
魔女の保護女神。
秘密のキーパー。
魂の先導者とも言われる。
阿修羅のように顔を三面持つのは
月が表情を変える事から。

トート(Thoth):
太陽が沈んだ後、地上を守るとされる
エジプト神話の神。
魔法、知恵、執筆、時の管理者。
ギリシア神話エルメスに関連しています。)
面白い事にヘカテと同じく交差点のシンボルでもあります。)

アストロダイス、カードにおいて月のサインが示す事。

月のサインはあなたの感情、直感、内面的な本質を表します。
それはあなたが現在の状況に対し、何かしらの反応を示す事、
あなたのリアクションが重要だと知らせています。
月は昼に見る事も出来ますが、やはり夜を司ります。
あなたが眠っているときに夢として感情が表現されるかもしれません。
それでも無理して強がることもあるでしょう。
しかし、「月」のサインが示す事は太陽の光を自然な形で反射するように、
あなたの本来の状態を示す事です。
それには潜在的な意識や直感、感情をまずはあなたが心に留める事。
それがあなたへのメッセージです。
私たちが太陽の光が永遠に当たるよう求めても、
月が支配する夜が必ず来るように、
あなたの感情に素直になることも時には重要です。

月が私たちに見せている面はいつも同じです。
決して裏側は見せません。
ですから感情的になるといっても、他に全てをさらけ出すわけではありません。
まずは、あなたの感情、反応、直感を自分自身で深く理解する事です。
その上で、あなたの他の黄道、ハウスのダイス、カードに記されたサインとを照らし合わせて下さい。

月の形の意味。

新月:新しい始まりの象徴、新鮮な始まり、再生
上弦の月(満ち行く月):成長、兆候、達成、重力、葛藤(受動、願い - 哲学的)の象徴。
満月:権力の高さの象徴、明快さのピーク、豊かさと欲望の獲得。
下弦の月(欠け行く月):放棄、降伏、解放、静かな時間、熟考、
インキュベーション(抱卵、保育、温かな目で見守る)の時間の象徴。

月は毎日表情を変えます。
まん丸の満月から
鎌のような鋭い形、
下弦の月
上弦の月
この変化から、
人が狼に姿を変える狼男が生まれたり、
多重人格者を連想させたりします。
月の位相は、他の複雑な心を垣間見るように役立ちます。

アメリカンインディアンの月意識

自然志向で宇宙意識の高いネイティブアメリカン
季節ごとの月にそれぞれ違う力があることを知り、生活に取り入れています。

  • 一月の月・・・狼の月。挑戦。新しい事へ目を向ける。依頼心が強いと下降。
  • 二月の月・・・雪の月。思いやり。兄弟姉妹、仲間をいたわる。自己中は下降。
  • 三月の月・・・烏の月。誰かと誰かの橋渡し役、メッセンジャーになる月。
  • 四月の月・・・種の月。新しい成長と誠実さを誓う。不誠実と堕落は禁物。
  • 五月の月・・・花の月。美しさが増す月。身の回りを整え、自然と調和。
  • 六月の月・・・木苺の月。アイデアが実る。積極的に発表、参加。
  • 七月の月・・・雷の月。思い通りにならない。誤解、突発的な事象。狼狽しない。
  • 八月の月・・・チョウザメの月。食べ物、友情、幸運に感謝する月。
  • 九月の月・・・すすきの月。メッセージを受け取る。解決。出会い。
  • 十月の月・・・狩猟の月。タイミング、感覚を磨く。人格形成。
  • 十一月の月・・・ビーバーの月。備荒、備蓄。備えの月。
  • 十二月の月・・・寒い月。家族、仲間と結束の月。心を一つに。

月の満ち欠けは潮の満ち引きにも連動します。
70%が水で出来ている私達の体調にも影響を与えると言われ、
女性の生理にも関係し、
私たち生命誕生にも関係すると言われています。

エネルギーとしての月

直感、潜在意識
死生観
感情

その他の月的象徴

月曜日


洪水
ネズミの群衆
揺りかご
卵、ミルク
リンパ液、体液

サイクル