心旅八景

俺はどう生きるか?

アストロオラクルカード 獅子宮について

f:id:ELTON:20180128110526j:plain

黄道十二宮カード「獅子宮」について

黄道十二宮春分点をスタートとして、
太陽が5番に通過する領域。
黄経120度~150度。
だいたい7月23日から8月23日までを指します。
また、この期間に生まれた人を示す事があります。
獅子座α星:レグルス
支配星:太陽 
二区分:男性格
エレメント:火

惑星との組み合わせの主な意味

  • 太陽・・・想像的(支配星)
  • 月・・・情熱的
  • 水星・・・知性的
  • 金星・・・独占的
  • 火星・・・衝動的
  • 木星・・・名誉欲
  • 土星・・・独善的(障害の座)
  • 天王星・・・支配欲(障害の座)
  • 海王星・・・先導的
  • 冥王星・・・独創的

 獅子宮サイン

獅子宮サインが示すのは
奔放でドラマティック。
王族のように誇り高く、
カリスマ的で、自分の意見があり創造的です。
これら光り輝く要素は、獅子宮の支配星が太陽のせいでしょう。
獅子宮は他の十二宮の中で常に主人公であろうとします。
獅子宮は驚くほど強力で、
大きな影響力があります。
悠然と構え、気前が良く、贅沢を好む傾向があります。
見栄っ張りで、誇張する面がありますが、
これは獅子宮のロマンを求める側面でしょう。
また、大胆な発言や表現が目立つこともありますが、
口先だけでなく、努力する事も忘れません。

獅子宮はシンボルカラーはゴールドと言われます。
その他、オレンジや黄色とも言われますが、
太陽の色に起因しています。
どれもが熱さ、温かさを感じます。

彼らは良くも悪くも表舞台に立つ、目立つ象徴です。
状況が悪くても隠れる、隠すよりは、
しっかりケジメを付ける事が獅子宮らしい行動です。
良い時も悪い時も
威風堂々とし、
周囲の憧れであり、愛される存在です。

獅子宮のシンボルマークについて

f:id:ELTON:20190124170108j:plain

このシンボルは獅子の特徴をよく捉えています。
頭を表す円。
そこからくねりと伸びた曲線は、
捕食動物であるライオンが獲物に飛び掛かる時の猫背、
そして、カーリングした尾は猫の視覚的特徴を実にシンプルに表しています。
とてもしなやかでバネのある、躍動感溢れるシンボルマークです。

他の観点から見てみましょう。
円は太陽で、獅子宮の支配星。
曲線は一筆書きした上弦の月下弦の月
つまり移り変わる月の位相を表しています。

月は感情を示すので、移り変わる感情と
知性たる太陽のバランスを暗示しています。
ある意味、獅子宮は強力な身体的能力と
頭の調和を保つ能力を表しています。

また、円は完成、統一、満足を象徴しています。
ライオンは群れを成し、サークルを形成します。
ライオンが家族や一族を守るのはアイデンティティの源です。
一族で繁栄しようとするライオンのコミュニティは
ジャングルの王にふさわしいと言えます。

アストロダイス/カードに「獅子宮サイン」が現れたら

このシンボルがあなたのリーディングに現れた場合、
焦点の当たっている惑星エネルギーが獅子宮の位置に入っていることを示します。

今回の問題がまるで映画のようにドラマティックに動き出そうとしています。
あなたにスポットライトが当たり、
愛、人生の楽しみ、遊びの中で、
自分自身を表現していきます。
また、獅子宮サインは、思い描く夢のような幻想が、
ドラマティックに光り輝くよう
ポジティブな行動、創造的なエネルギーの発揮を促します。
夢は思うだけではいつまでも夢のままです。
あなたの誇りと自己主張が試されるかもしれません。

獅子宮のエネルギーは統制と賞賛を求めます。
それはいつも他の集合体と同じ結果を望んでいるとは限りません。
ぶつかり合う事もあります。
私たちは一人一人が自分を愛して、
自分の為、そして自分の家族の為に最高の結果を求めます。
時に、最高のパートナーとさえ、
目標とする最高は一致する事は難しい事があります。

しかし、実際に口にして、
確かめ合わなければ、その違いも分かりません。
あなたやあなたの周囲の誰かが、
自尊心、生きがいの重要性を必要としています。
「自分はここにいる!」とジャングルの中で唸り声を上げ、
生を実感したいのです。

獅子宮は愛と愛情を求めています。
自分一人でなく、皆での発展を望みます。
獅子宮の生まれ持った主人公気質は、
一人だけでは成り立たない事を知っています。

国を代表する動物の事を国獣と言います。
ライオンはあらゆる動物の中で一番多く国獣として選ばれています。
それは、国も全体の発展を考えなければならない中で、
ライオンの性質と一致するからです。
ネコ科の動物で最大なのは虎ですが、虎は群れを成しません。
ライオンは群れを成し、
リーダーである雄ライオンは仲間全てに愛情を注ぎます。
この姿が「ジャングルの王」と呼ばれる理由です。
ただ、獅子宮のエネルギーもバランスを損なうと、
虚栄心や高すぎるプライドが目につくだけでなく、
他への配慮がなくなります。
そして、周囲に吠えまわって、
自己中心的なエネルギーとなる危険性もあります。
知性とパワーのバランスが大事です。

四大エレメント・・・火

太陽が獅子宮の支配星であるため、
火のエレメントであるというのは頷けます。
獅子宮の火は情熱、エネルギッシュ、創造の火を象徴しています。
火はまた、魂や精神の象徴です。
獅子宮の火は人の心を温める火ですが、
若いうちは自分のプライドを守ることに囚われ、
爆発する事があります。
家族や仲間の為に怒りっぽいのもそのせいでしょう。
しかし、歳を取るにつれ、ユーモアに溢れ、
男性だと、「ちょい悪」
女性だと、「姉御肌」の遊び心ある格好いい火の気質になるようです。
花火でいうと線香花火の起承転結のような
移り変わりを見せます。

獅子宮に関連する伝統的な花

ひまわり
ひまわりの象徴的な意味は、自己表現。
英名で「サンフラワー」、
フランス語で太陽と同じ呼び名「ソレイユ」と呼ばれるように、
太陽のごとく、惜しげもなく力一杯花開きます。
また、蕾から花が咲くころまで太陽を追いかけ、
朝は東を向き、夕方には西を向く。
日を追いかけて回る姿から、日本では「ひまわり」と呼ばれています。
いつも明るい太陽を見る獅子のポジティブさにも共通しますね。

大きな黄色い花1つが「ひまわり」と思われがちですが、
実は小さい花の集合体。
ここでも獅子宮の家族思いの一面がリンクします。
また、ヒマワリは大きなもので3メートルにもなる立派な様が
リーダーシップ、成長を暗示します。
冒険的で、オープンマインドで
獅子宮のカリスマ要素とピッタリです。
目的に向かって花開く「ひまわり」の姿は
獅子宮のあるべき姿を思い出させ、
心と魂の元気がもらえるはずです。

獅子宮と関連付けられる鉱物

ルビー
ルビーには獅子のような熱い輝きがあり、
情熱的な性質を反映しています。
赤は結束力を表します。
ルビーは獅子の家族思いの忠実さ、
家族愛の象徴です。
古来よりルビーは、グループや組織に対する忠誠心を高めるように
身につけたとされます。
獅子が求める結束力がルビーにはあると思われていたのでしょう。
獅子宮のエネルギーが乱れ、
独善的になってしまった時、
威圧的になってしまった時、
ルビーは獅子宮に落ち着きと冷静さを与えます。

また、獅子宮が自分を抑えられず、
怒りや欲求不満、混乱している場合、ルビーの灼熱の赤が
「あなたの情熱はこんなところで発揮するべきではない。」と語り掛け、
良きパートナーとなります。
その他、社会的な魅力を与えてくれたり、
獅子宮の情熱的で一方的になる面に
優しいコミュニケーション力を引き出してくれるとされます。
強き獅子の肉体面を守るとも言われ、
獅子宮の素晴らしいソウルジェムと言えるでしょう。

十二星座「獅子座」あれこれ

獅子座の方は自然に生まれたリーダー気質であり、
彼らは自分の意見についてはっきりと示す傾向にあります。
先天的に派手を好み、
黙っていられない性質なので、
おのずと目立つことになります。
勇敢で、勘が良く、頭の回転も早いです。
誰かがやるのを待つのでなく、
自発的に行動を起こします。
押しが強いので、苦手に感じる人も多いでしょう。
その為、恋愛では相手が限られてしまう傾向にあります。
つまり、パートナーにも同じようなパワーがないと、
抑えつけられてしまうのです。
獅子座の人の意見は鋭く、的確です。
言動の強さから嫌われるかもしれませんが、
落ち着いて考えると、
有益で確かな状況分析という事がよくあります。
他人とバランス良く接する事で、
獅子座本来の寛大で愛情ある資質は
開花し、それこそ太陽となることでしょう。
あまり小さなことに囚われず、
獅子座の強いエネルギーに誇りを持ってください。
ライオンのように大胆で魅力的な資質を自覚しましょう。