愛のテアミスト 旅八景

その道は果てしなく遠く、光に満ち溢れている

アストロオラクルカード ハウスについて


ハウスについて

ハウスナンバーは、
古代バビロニアで最初に生れたと言われる概念です。
ヒンドゥー占星術ではBhāvasと呼ばれ、
紀元前2世紀のエジプトでは
ほぼ現在のような体系が整っていたとされています。

ハウスと黄道十二宮は連動しますが、
時間と共に少しずつずれていきます。
その為、ハウスは動かない位置を定めた概念と言えます。
私たちは生まれてきて、
本能的に満足させたい心、魂の部分があり、
それは各個人それぞれ違いがあります。
しかし、成長し、教育を受ける中で
同じように生きる事を求められます。
勉強し、就職し、結婚し、子育てし、、、、
恐らくそういった生き方が幸せで一般的な人間らしい生き方、
そういう風潮は確実にあります。
しかし、あなたの本当の魂の目的、
満足させたい欲求は何でしょう。

ハウスが伝えてくれるのは、
あなたが今、何を欲しているのか?
どの部分の隙間を埋めようとしているのか?
もしくは、
あなたの問題が結果的にあなたの「どこ?」に影響するか?
あなたの人生の領域、事柄、
財政や健康状態、
結果への道標を表します。

ハウスが語る事

ハウスはあなたの欲求を明確にします。
例えば、年頃の男の子がバンドを組み、
ギター、ボーカルの練習に勤しみます。
彼は本当に音楽性を求めているのでしょうか?
もしかしたら、女の子にもてたい!というのが一番の理由で、
それが音楽への憧れになっている可能性もあります。

その彼が本当の意味で女性にアピールする最上の方法を考えた場合、
音楽でないかもしれません。
スポーツかも知れませんし、
その他の芸術的な活動の方が近道かも知れないのです。
もしくは勉学に励み、いいところに就職する、
会社を立ち上げるための経営戦略を学ぶ事かも知れません。

このようにハウスは問題の原点、
動かない欲求、求めている魂の行き先を示してくれます。
ハウスを理解するには
欲求の部屋と考えれば、とても分かりやすいと思います。
仏教では人間の煩悩を108としましたが、

ハウスは紀元前から考えられた人間の欲望、
魂が求める12の集大成ですから、
とてもシンプルです。


アストロダイス/カードによるリーディングは
奥深くなるとなると、
ハウスから見る事もあります。
当事者の本当の欲求、目的からリーディングする事で、
問題の根本が分かりやすいからです。
例えば、惑星と黄道サインが障害や転落の座の関係の場合、
当事者の顕在的な目的と、
ハウスが語る潜在的な目的が食い違っているかも知れません。
そんな時は顕在意識と潜在意識のバランスが崩れ、問題が分かりにくくなっています。
そんな時はハウスを重要視してリーディングしましょう。

ハウス相関図

 

f:id:ELTON:20190122132443j:plain

 

人間の欲望、夢の部屋(ハウス)が歪むと現象化するコンプレックス

ハウスは私たちが星のような巡行をすると考えて、
人生の中で通過する場所、満足させたい願望、目的などを表しています。
例えば、第5ハウスは娯楽のハウスで、現象化は子供を意味します。
子供の将来はとても楽しみな存在で、その為に働く意欲となったりします。
しかし、全ての人が子供を持つわけではありません。
その場合、子供に代わる楽しみやロマンを感じるモノを探し、
そのハウスを満足させようとします。
このように、私たちは個々のライフサイクルで、
これらハウスを綺麗にしようとしているのです。
ただ、全ての人が持っているハウスを綺麗に出来るとは限りません。
ハウスの充たし方は、幼少時の様々な経験や記憶、
もちろん大人になってからの出来事でハウスが歪み、

収集が付かないゴミ屋敷のようになってしまう事があります。
その場合は何か後天的な理由、
例えばトラウマや、コンプレックスを抱えている場合があります。
コンプレックスがあっても、
あなたの幸運で、ハウスが満たされる事もあるでしょう。

しかし、いつも同じ心の問題で躓く場合、
ハウスを充足する前に、
あなたの心のハウスを綺麗に浄化する、
コンプレックスというゴミを取り除く必要があります。

その場合はハウス早見表の右ハウスコンプレックスを参考にしてください。

 

f:id:ELTON:20190122132753j:plain