愛のテアミスト 旅八景

その道は果てしなく遠く、光に満ち溢れている

アストロオラクルカード 磨羯宮について

f:id:ELTON:20180128110711j:plain

 

黄道十二宮カード「磨羯宮」について

黄道十二宮春分点をスタートとして、
太陽が10番目に通過する領域。
黄経270度~300度。
だいたい12月22日から1月20日までを指します。
また、この時期に生まれた人を示す事があります。
山羊座α星:アルゲディ
支配星:土星
二区分:女性格
エレメント:地

惑星との組み合わせの主な意味

  • 太陽・・・権力
  • 月・・・自己中心的(障害の座)
  • 水星・・・集中
  • 金星・・・保守的
  • 火星・・・コントロール(高揚の座)
  • 木星・・・打算的(転落の座)
  • 土星・・・計算的(支配星)
  • 天王星・・・使命
  • 海王星・・・完璧主義
  • 冥王星・・・独占欲

磨羯宮サイン

磨羯宮サインが示すのは
知性と秩序。
信頼性が高く、培った知識を実践的に使い、
働き者でしっかり義務を果たします。
分別があり、根気よく努力するので安定性あるエネルギーです。
知識欲があり、物事の内面を見ようとします。
目的達成の為に戦略的な要素を立てます。
そうすることで彼らは自らのルールを作り決断します。
個人的な責任に対して厳しい判断力を持っているのです。
磨羯宮の支配星「土星」を考えるとそれも頷けます。
土星ローマ神話の農業収穫の神により名付けられました。
農業を知っている人ならばその苦労は容易に想像つくでしょう。
天候、植物本来の強さと弱さ、適切な肥料、
それはあまりにも大変な作業です。
磨羯宮はそれらを丁寧に観察、研究し、
地道な努力で構築するポテンシャルを持ちます。
土星とは勤勉でリンクしているのです。
そして性格もそうです。
磨羯宮は簡単にポリシー、アイデンティティーを曲げません。
それは土星錬金術シンボル「鉛」にも関係します。
鉛は表面は錆びやすく黒ずみますが、
腐食が中まで進みにくい性質を持っています。
耐腐食性の高さは水中でも実証されています。

磨羯宮にもその資質が当てはまります。
このエネルギーは自分をしっかり持ち、
焦らず、細かな事に注意して、

努力を怠らないようにすることで、

着実な結果をもたらしてくれるサインと言えます。

磨羯宮のシンボルマークについて

f:id:ELTON:20190124144012j:plain

このシンボルはとても分かりにくいかも知れません。
磨羯宮の姿はギリシャ神話の神「パーン」がモデル。
パーンは頭に山羊のような立派な角を持っていました。
ある宴で怪物王テュポーンが現れた時、
パーンは川を渡って逃げようと下半身を魚にしたのです。
上半身は山羊、下半身は魚という醜態が、
後の「パニック」の語源と言われています。
しかし、そんな姿が星座になるでしょうか?

別の説によると、空高くそびえる山を山羊の姿で、
海の底を魚の姿で制覇できるパーンの山から海までを制覇する超人的な能力を表していると言います。
その後、その能力を称えられ星座となった、この説の方がしっくり感じます。

シンボルの左は牡羊座のシンボルにも似ているvのような文字。
羊特有の角と髭を表しています。
右の円を描く曲線は魚の躍動感ある尾。
直線的なvと曲線の融合は磨羯宮の豊富な知性を感じます。
また、この対照的なマークの融合は磨羯宮の二重的要素が想像出来ます。
外見は荒々しく屈強な角、
しかし、心は水のように揺れ動く流線型。
磨羯宮の繊細な面を物語っています。
磨羯宮は普段、自分の感情を表に出しません。
彼らは気持ちを水の下に深く押し込み、
他人の視界に入らないようにします。

このvに見えるマークですが、
見方を変えるとnのようにも見えます。
磨羯宮はナーバスと覚えるのもいいかも知れません。
大変な能力の持ち主ですが、
シンボルが物語っているとおり、
複雑で人に分かってもらいにくい面を体現しているように見えます。

アストロダイス/カードに「磨羯宮サイン」が現れたら

このシンボルがあなたのリーディングに現れた場合、
焦点が当たっている惑星エネルギーが磨羯宮の位置に入っていることを示しています。
あなたが何かの計画を進めている場合、
または仕事の成功を願っている場合、
このサインはとても素晴らしい吉報です。
どんな環境でも、あなたは驚くほどの成功を収めてくれる堅実なエネルギーに包まれています。
磨羯宮サインは鋭敏さと賢明さ、
多くの事に対応できる判断力で知られています。
要点を素早く見つける事が出来るでしょう。
その上、磨羯宮サインは疲れ知らずです。

その場しのぎでなく、
時間を掛けても最終的に成功を勝ち取ります。
磨羯宮が誇り高きエネルギーなのは、
それが達成に目が向けられているからであり、
到達するまで逃げ出さないし、決して油断もしません。
権力やコネクションが必要な状況に直面している場合は、
すでにそれを手にしているか、
もしくは与えてくれる人を見つける事でしょう。
磨羯宮エネルギーは浮足立たず、賢明で隠れた問題を気づかせたり、
自分の発展の為の弱点を補ったりします。
それは目的達成の為に必要で適切なツールを選び、
整理して使いやすいように整理整頓する能力をもたらします。
例えば、あなたが登山者であるとして、
磨羯宮エネルギーは登山の為の道具をすべて自分で準備しザックに詰める事を指します。
そして、自分の重いザックを自分で持って運ぶことが出来、
その重さを全て自分の為の負荷だと、
納得した充実感を覚えることでしょう。
ここでの登山はあなたの夢であり、仕事であります。
山に登って見る景色は、あなたの辿り着きたい場所を示します。
その景色にあなたが価値があると感じて、
荷物を準備、整理整頓する時間に希薄で無駄な時間は全くありません。
下準備や予習は成功の為に働いた感覚であり、
達成の価値をより深めます。
時には想定していた準備が無駄になる事があります。
しかし、それも目的が達成された後まで分からない事です。
無駄な準備が無駄であったというのは、
幸せでラッキーなことです。
その準備があったからこそ、自信を持って行動できる事もあります。
磨羯宮エネルギーは潜在的な可能性を見出し、
希望、モチベーション、スキルを加味して、
素晴らしいモノを想像する事が出来ます。
その為、磨羯宮エネルギーを上手く生かした人は、
堅実な成功を手にしている人が多いと言えます。

もし、そうでない場合、
磨羯宮エネルギーの神経質、繊細、完璧主義の面が
強く働きすぎている可能性があります。

四大エレメント・・・地

地は地球を表しています。
地球は堅実な大地の象徴です。
私たちは地球の存在を当たり前に思っていますが、
この奇跡の星が無ければ私たちは家を持つことが出来ないどころか、
森林もその他の動物たちも基盤を持つ事は不可能です。
このエレメントは
磨羯宮の地に足をつけた目的、方向性、ポリシーを思わせます。
そして、磨羯宮の理念は責任、実用性、権威であり、
エレメント「地」の傾向と結びついています。
磨羯宮は地域や家族、組織の安全や安定した環境を強く望み、
とても大事にします。

磨羯宮に関連する伝統的な花

カーネーション
カーネーションは大変古くから愛好家が多く、大事にされてきました。
象徴する言葉は信仰、優しい愛、繊細、無垢。
カーネーションの名は、
中世、戴冠式に使われて使われていた花、コロネーションや
肉を意味するカーン(carn)が語源と言われています。

偶像崇拝を禁止するイスラム教では、
たびたびモスクなどの文様に使用され、信仰の対象を思わせます。

また、カーネーションナデシコ科に分類されます。
日本でナデシコと言えば健気な女性を真っ先に思い浮かべます。
磨羯宮の堅実な行動、
自分から成果を話さないひたむきさは
このナデシコ科のカーネーションがピッタリです。
カーネーションがもともとひっそりと咲く可憐さから愛されたことは
磨羯宮のあるべき姿を思い出させてくれます。

磨羯宮と関連付けられる鉱物

ガーネット
ガーネットには様々な色がありますが、
とりわけ赤は磨羯宮に最も影響力のあるものです。
真紅のガーネットは権力、権威、王位を象徴し、
古来、その立場にある人のみ着用者を許され賞賛されてきました。

ガーネットはまた、連帯、統一を象徴しています。
組織、周囲を考え、最善策を考える磨羯宮にリンクします。

リーダーが仲間の力を存分に活かし、
より良い結果を出したい時の守り石と言えます。

また、これから目的を達成したいと考える磨羯宮エネルギーが、
他者からの理解を得たり、
本当に必要な愛、友情、ツール、スキルを寄せ付けるのに、
ガーネットを身に着ける事が勧められます。
磨羯宮エネルギーの心に秘める達成への情熱を
真紅のガーネットは思い出させてくれ、
決して消えない魂の火種となります。

十二星座「山羊座」あれこれ

山羊座エネルギーは彼らが何か行動を起こす時に、
目的意識をしっかり持つ傾向があります。
山羊座の人々も足場を固めながら、
困難と思われる目標、目的地にたどり着きます。
山羊座は意志が強く、向上心も高いです。
山羊の立派な角で天からのインスピレーションを感じ取り、
はっきりとした決意を持って行動を起こすように思います。

山羊座はまた、魚の面も持っています。
魚は水を表し、感情を示します。
毅然とした山羊の面を持ちながら、
実は決めた後でも心の奥底では迷いがあるのは、
揺れ動く水の感情のせいでしょう。

水が固体になる様に
ひとたびエネルギーが滞ると頑固になります。
そして、時に彼らを哲学的にさせます。
また、真面目な分、予測不可能な変化に対応できず、
責任感の強い彼らは他に当たらず、
失敗や悩みを引きずりやすい性質もあります。