心旅八景

俺はどう生きるか?

アストロオラクルカード 巨蟹宮について

f:id:ELTON:20180113083644j:plain

黄道十二宮カード「巨蟹宮」について

黄道十二宮春分点をスタートとして、
太陽が4番目に通過する領域。
黄経90度~120度。
だいたい6月22日~7月22日までを指します。
また、この期間に生まれた人を示す事があります。
蟹座α星:アクベンス 
支配星:月 
二区分:女性格
エレメント:水

惑星との組み合わせの主な意味

太陽・・・感覚的

月・・・直感的(支配星)

水星・・・知的

金星・・・魅惑的

火星・・・官能的(転落の座)

木星・・・実務的(高揚の座)

土星・・・執着(障害の座)

天王星・・・想像的

海王星・・・霊的

冥王星・・・保守的

巨蟹宮サイン

巨蟹宮サインが示すのは、
家族を大事にする絆、家庭生活、そして身の回りの世話。
巨蟹宮は伝統を重んじ、日々穏やかに過ごす事を好みます。
彼らは歴史を愛し、物事のルーツ(序章、祖先など)を尊びます。
巨蟹宮のルーラー(支配星)は月。
その為、時に矛盾し、気分屋でつかみどころがなくなることがあります。
しかし、彼らは保守的なので、
出来る限り自分の気持ちを隠そうとする傾向があります。
巨蟹宮を気まぐれである、という人もいれば、
そうではないと言う人もいます。
巨蟹宮は親身な友人にだけ見せる姿があるので他からの評判は様々です。
巨蟹宮は一人の時間を必要とします。
ナイーブで殻に籠ることがあります。

優しくて、愛情豊か、誠実な巨蟹宮
私たちは、巨蟹宮の存在を忘れてしまいます。

巨蟹宮は私たちが必要だと感じる前にそれに気付き、

行動を起こして済ませてしまいます。

まるで皆がまだ眠っている夜明けからお弁当の準備をして、

朝食を用意してくれているお母さんのようです。

私たちは巨蟹宮の几帳面さを注意しないと見逃してしまいます。

感謝の念や、やってくれている苦労の記憶も忘れてしまいがちです。

巨蟹宮の働きは社会に不可欠です。

静かに支えてくれる姿は私たちに深い影響を与えてくれます。

巨蟹宮のシンボルマークについて

f:id:ELTON:20190124171515j:plain

このシンボルの横を向いた6と9のようなマークは、
蟹の二つの爪を表します。
これは巨蟹宮の多くのモノを掴んで離さない事を意味します。

巨蟹宮の母性、包み込む優しさであり、

また、巨蟹宮がアイデア、目標、信念など、
これと決めたら離さない性質のシンボリズムです。

蟹の爪以外にも、この絵文字を解釈する方法があります。

左右の円は地球と太陽を表し、

円の周りのアーチは、公転の軌道であり、半月の月です。

バランスの良いこれらの要素の全てが

巨蟹宮の健全な働きを表しています。

それは勤勉な巨蟹宮の性質そのものです。

また、太極のマークを横にしたようにも見えます。

太極マークは太陽の影の長さ、季節などを表していますが、

巨蟹宮の永続性と共通します。

その他、ウロボロス、無限を表す∞を連想させます。
∞は蛇が脱皮して、傷を治す事から不老不死、無限を表すシンボルです。
蟹も脚や爪を落としても再生します。
巨蟹宮の無限の母性と愛を連想させます。
巨蟹宮は派手な活動はしませんが、
他が滞った時、自分のペースで動き他の停滞を水のように流動させます。
もし、行動が煮詰まったら、巨蟹宮を思い出すのもいいでしょう。

アストロダイス/カードに「巨蟹宮サイン」が現れたら

このシンボルがあなたのリーディングに現れた場合、
焦点が当たっているあなたの惑星エネルギーが巨蟹宮の位置に入っていることを示しています。

今回の問題は愛、家族問題、または母親と子供のような強い絆に強く影響します。
良い方向に現象化しているのか、
辛さを伴う方向に現象化しているのか注意が必要です。
母親の子供に対する愛は、私たちが目にする代表的な愛のカタチです。
家族の愛は尊いものですが、
兄弟や家庭環境が絡むと複雑になり、
時折痛みを伴います。
愛し合う恋人同士の関係も、
生活や世間が影響する事で、感受性の強いエネルギーは変化します。
私たちは年を取るにつれ、
父親や母親に似ているパートナーを無意識のうちに選んでいたり、
または同じような恋愛行動をとり、
愛の経験を再現し感情の旅を繰り返します。

個々の愛は心の世界を旅し、私たち感情の経験の一部となります。
また、物質的な交通事故のように、
愛の旅でもトラブルはあります。
いくら安全運転をしていても、理不尽なアクシデント。

これには時折恐怖を感じるかもしれませんが、

私たちは元々自ら傷つけあう事を望んでいません。

巨蟹宮エネルギーは保護的な愛の感情をもたらします。

一方的で激しい愛でなく、

最も穏やかで、柔らかく、温かい無条件の愛です。

この愛は、相手に深く共感し、他人の痛みを慎重に聞き、理解しようとします。

この愛のエネルギーが攻撃に変わる瞬間は、

子供を守る時、自分の守るべきものが攻撃された時です。

それ以外はアグレッシブになる事はありません。

巨蟹宮は争いを避けるからです。

巨蟹宮の愛は例えるなら「アルプスの少女ハイジ」に登場する

クララのおばあさま。

一人一人に理解力をもって接し、

ホームシックになりそうなハイジの心の支えになります。
心の乾いたハイジに、
魂が復活する心の水を与えるのです。

また、別の側面として巨蟹宮サインにエネルギーが入ると、
罪悪感にさいなまれたり、気分が不安定になったり、
感傷的になり涙もろくなることがあります。
愛は人間の感情の中で、最も素晴らしいものですが、
時に苦しい事もあります。
感情が1つのピーク(難関)を越えようとしているのかもしれません。
この苦しさはあなたの心の旅の利益に比例し、
大きな価値ある経験となることを忘れないでください。

上記に心当たりがない場合、
あなたの身の回り、家族、身内の誰かが傷ついたり、
傷つけたりしていることが隠れている可能性があります。
もしかしたら、これからあなたに助けを求めてくるかもしれません。
あなたが出来る事は、
優しく抱きしめ、
柔らかいシーツを用意し、
ゆっくり話を聞く事。
「本当によく頑張ってるね。」と、
暗くなってしまった行き先を再び照らしてあげる事。
それは他の誰かに限らず、
もしかしたら、あなたの決して人に見せようとしないもう一人のあなたかも知れません。

誰も傷ついた心に気が付いてくれない時、
心が折れてしまいそうなとき、
あなただけが良き理解者で、味方なのです。
静かな夜、支配星の月の光を浴びてみるのもいいかも知れません。

四大エレメント・・・水

この柔軟で全ての人に必ず必要なエネルギーを表現するには水が最適です。
水は固体、液体、気体に変化できます。
巨蟹宮はこの変化の可能性を秘めています。
春の陽気に包まれて、植物が一斉に育つ時期、
多くの水を必要とします。
巨蟹宮の水は、多くのモノに必要な水分と癒しを与えます。
日本では巨蟹宮サインはちょうど梅雨の時期に当てはまるので、
実感しやすいかも知れません。
人間にとっては疎ましく思えるかもしれませんが、
この恵の水は様々な物を浄化し、
リフレッシュします。
水は様々な文化で浄化、癒しの象徴です。
巨蟹宮サインは黄道十二宮の中で最もナチュラルで
ヒーラー要素の強いサインです。

巨蟹宮に関連する伝統的な花

アカンサス
アカンサスの象徴的な意味は「不滅」(地中海神話由来)と治癒(ギリシア語)」
巨蟹宮の再生力と優しさ、癒しに強く関連します。
また、アカンサスの葉は古代ギリシャより、
建築物の内装、装飾のモチーフとして好まれ、今なお現存しています。
今でも絨毯やレース柄に多く用いられているのも
巨蟹宮の控え目で慎ましやかな一面と連動し、
長きに渡って好まれる美しさと癒しの現れでしょう。
アカンサスはとても丈夫な植物で地中海由来ですが、
乾燥、寒さに強く、
今では世界中で見る事が出来ます。
巨蟹宮サインは、保守的なので
新しい環境、チャレンジを自ら好まないかもしれませんが、
不慣れな環境に飛び込むことで
素晴らしく大きな花を咲かせる可能性を感じます。
アカンサスはそんな巨蟹宮の贈り物になります。

巨蟹宮と関連付けられる装飾品

真珠
真珠は巨蟹宮の最良のパートナーです。
同じ水の産物であり、密接に関連しています。
真珠は貝の殻の中で育てられます。
巨蟹宮は争いを好みません。共栄共存という面でも繋がります。
真珠は天然しかなかった時代、
1万個の貝に対して数粒あるかという貴重さでした。
養殖が可能になってからも母貝の採取、育成、核入れ、
真珠の育成と最低4年の月日を要します。
この真心込めた育成の愛情と、
育った真珠の関係はまさに家族思いの巨蟹宮サインの象徴であり喜びです。
巨蟹宮の愛は美を創造しますが、
決して仕上がったものをお金でポンと買うようにはいきません。
もしかしたら評価されない中、
ゆっくりと絶え凌いで育てていくのかも知れません。
そんな巨蟹宮の長くて細い小道に、
愛の結晶である真珠は光を灯してくれます。

十二星座「蟹座」あれこれ

蟹座の人は他人や他人の世界感に深い影響を与えます。
支配星である月の引力で、地球の海水の潮位が変わる様に、
蟹座にも流動する影響力があるのです。
蟹座には泣き崩れる人に肩を貸す事が出来、
人生のくしゃくしゃになったシワを、
シルクのように美しく再生することが出来ます。
生まれ持ってのヒーラー資質を持っているのです。
母性的な優しさに富み、
我慢強さを備えます。

蟹の象徴は
保護、(硬い殻)
再生、サイクル(再生力)
育成、(卵が孵るまで抱える)
勤勉、(常に何かをしている)
慎ましやか、(前に出ない、出しゃばらない→横に進む)

蟹座のエネルギーは月、水、土地、自然のリズムと調和しようとします。