心旅八景

思いつくまま

精霊動物 鹿について

f:id:ELTON:20180521081307j:plain

精霊動物 鹿

 

優しい気持ちを常に持ち、

生きとし生けるものすべてに親切であれ。

 

 キーワード

正位置:優しさ

慈愛。いつくしみ。

逆位置:ゴシップ好き。

噂、ワイドショー、ゴシップに流される。

 

「鹿」が語り掛ける事

何と優しく
愛らしいのでしょう、

花のように心和ませ

遥か遠くからでもハグしてくれる。

 

ある日小鹿は、

聖なる山の頂から偉大なるスピリットが呼びかけるいるのが聞こえた。
小鹿はすぐに山道を登り始めた。
小鹿は、偉大なるスピリットのロッジへ通じる小道で、

恐ろしい悪魔が立ちはだかっていることを知らない。

悪魔は偉大なる魂と繋がろうとする、あらゆるものを邪魔し続けてきた。
「偉大なる魂は誰にも煩わされたくない」のだと、

悪魔は「偉大なる魂の創造物」たちに信じ込ませておきたかった。
※悪魔(daemon)とあるが、もともとは守護神でギリシャ神話で神の雑用係。

神の目の届かないことをいいことにやりたい放題をした。

この守護神が後のdemonとなる。デーモン。悪魔。

 

そうすれば偉大なる魂の創造物たちを恐れさせ、強大な力を誇示することが出来た。

やがて、小鹿は小道で悪魔と出会うが、小鹿は全く動じなかった。
悪魔は今までで一番醜い姿になり、

火を吐き、煙を吐き、凄まじい声を上げ、小鹿を脅した。

普通なら、逃げ出してしまうか、恐怖のあまりショック死したであろう。

小鹿は優しく言った。
「どうか、私を行かせてください。偉大な魂に会いに行くところなのです」。

巨大で醜い悪魔を見る小鹿の目は、愛と慈悲に満ちていた。
小鹿の全く怖がらない姿に、悪魔は仰天した。
悪魔が例えどんな事をしても小鹿を怖がらせることはできない。
悪魔の「醜さで凝り固まっていた心を小鹿」の愛が包んだのである。

悪魔は狼狽し、カチンコチンだった醜い心は柔らかく溶け始めた。

そして悪魔の体はどんどん縮み、クルミほどの大きさになってしまった。
小鹿の一途な愛と優しさが悪魔にメルトダウンを起こさせた。

小鹿の「優しさ」と「慈愛」のお蔭で今では小道は安全になり、

偉大なる魂の子供たちは誰でも、

「恐れ」という悪魔に道をとざされることなく聖なる山へ行けるようになった。


鹿は傷ついた心や精神が「優しさ」によって、

偉大な魂と離れず、聖なる山と繋がり続けることを教えてくれる。
平和を求める人々のために安らぎある優しい世界を築きたいなら、

小鹿がまとう斑点模様の毛並みのように光と影の両方に愛を。

もし、あなたの夢に可愛いバンビが現れたなら、
「どんな傷でも癒せる優しい心を持ってね。」とやさしくあなたを鼻先で突く。
例えば他人に変わってもらおうと強く言うのはやめて、

その人のあるがままを愛そう。
あなたの現状に「優しさ」を、
まるで夏の風のように、爽やかに、優しく。
「優しさ」はあなたが直面している窮地を救ってくれる。
もし、あなたが優しくなれるなら、

聖なる山へと繋がり、
心は穏やかに
偉大なる魂の導きがあるだろう。

◆逆位置

逆さの鹿は、
あなたがネガティブな考えの心の悪魔と戦い、

あなたが恐怖に包まれていることを示す。

「力づく」ですることはいつでもベストな方法ではないと伝えている。

あなたが恐れているものに打ち勝てないのは、

あなたは自分自身を十分に愛せていないからかもしれない。

あなたのイライラや恐怖心は、

他者や他のものに八つ当たりとして出ているかもしれない。

 

もし、あなたが他に辛く当たっていないなら、

あなたがこれまでしてきたような「八つ当たり」を思い出させるような人がいるのかもしれない。

とにかく、「愛」は鍵となります。
かけがえのない本当の精神力が鹿の「愛」と「慈悲」なのです。
心清らかにあなた自身、そして他の人の愛すべきところを見つけましょう。

他人の、そしてあなた自身の愛せる部分を見つけよう。
やがてあなたの心の悪魔は消え去る事でしょう。
「愛」と「優しさ」があふれる場所に悪魔は存在できません。

鹿の「無償の愛」は多くの教訓を教えてくれることを忘れてはなりません。

無償の愛というのは鎖で繋いだり、恩着せがましい事はないのです。

小鹿の寛大さは、偉大なる魂が私たちすべてを愛してくれていること、

そして心の広さを体現しています。

◆概要

メディスンとして、鹿は「力づく」でなく、他に方法があると訴える。

強さとは心遣いから始まり、優しい言葉、優しい触れ合いにある偉大な力を教えてくれる。

 

あなたはあなたに苦痛と悲しみを与えようとする人に直面します。

その人は心が傷ついているからであり、対立しても事態をさらに悪化させることもあります。心をなだめ、優しい気持ちと包み込む愛で、彼らの心と接しなければならないのです。

 

鹿はあなたと他の人との間に「優しさ」と「親切」が必要だと教えてくれる。

自分を粗末にしてはなりません。

自分の恐れを人にぶつけてはなりません。

鹿は「気持ち」「精神」、そして「麗らかな心」を導いてくれる。

鹿の優しいつぶらな瞳には冷酷な心を溶かす力があるのです。

 

 

アニマルメディスンパーフェクトガイドはこちらで販売しております↓

アニマルメディスン パーフェクトガイド 精霊動物52種について

アニマルメディスン パーフェクトガイド 精霊動物52種について