心旅八景

俺はどう生きるか?

精霊動物 馬について

f:id:ELTON:20181222091832j:plain

精霊動物 馬


才能に光あれ!

堂々と振る舞い、

力を包み隠さずを存分に発揮するのです。

あなたが成りたい自分を目指して!

 

 キーワード

正位置:能力発揮。

才能。

逆位置:排他的。

自信がない。

 

「馬」が語り掛ける事

力強い馬、

走る力

平原を突き進み、

栄光へのヴィジョンをもたらすために、

紫煙上がる夢の中を躍動する、、、

 

「馬を盗むことは勢力を奪う事だ!」とは、

歴史上、アメリカの原住民の間で頻繁に言われてきた事であり、

馬がインディアン文化で果たした役割の重要性が分かります。
馬は物理的な力と精神力を持ち合わせています。

世界中のシャーマニズムで、

シャーマンは馬を駆って空を飛び、

時空を行き交うことができます。

 

馬が家畜化された時、人類は大きな飛躍を遂げました。

これは火の発見と同じくらい凄い事でした。

馬が家畜化する以前は、人の行動範囲は狭く、

重い荷物に苦労し、発展はとても遅かったのです。

人は馬の背に上がると、風と同じくらいの速さで動く自由を得たのです。

しかも馬たちはいとも簡単に長い距離を移動し、重い荷物を運ぶことが出来ました。

馬との特別な関係を通じて、人間はそれまでの距離の概念が変わった。

馬は人類の文明開花において、初めてのアニマル・メディスンであった。

人類は馬と、馬がもたらした新しいメディスンに、

途方もない借りがあります。

もし、馬が我々祖先を背に乗せることを拒否していたら、

私達は兄弟姉妹に会うために、長い道のりを歩かなければならなかった。

馬が称賛され、人類にとってなくてはならないパートナーであったことは、

現在のエンジンの出力単位がホースパワー(馬力)で表されることからもうかがい知れます。

 

ドリームウォーカー、メディスンマンは、平野を横切り歩いてアラパホ国を訪れた。
彼はパイプを携えていた。

彼の長い黒髪に巻かれた羽は地に着くほど長く、男の平和を示す印であった。

丘に登り、彼は野生の「ムスタング」の群れが自分の方へ走って来るのが見えた。

ムスタング・・・旧メキシコ、テキサス産の野生馬。

群れの一頭であるブラックスタリオンが彼に近づき、

「答え」を探す旅なのか、彼に尋ねた。

ブラックスタリオンは続けた。

「私は「答え」のある無限の空間からやってきた。

私の背中に乗って、暗闇へ飛び込む力を知り、光を見つけよ!」

ドリーム・ウォーカーはブラックスタリオンに感謝し、

ドリームタイムにブラックスタリオンのメディスンが必要な時には、

彼を訪ねることにした。

 

次にイエロー・スタリオンがドリームウォーカーに近づいて、

光が住む東に連れて行く事を勧めた。
ドリームウォーカーは、光がもたらす恩恵を知り、

そこで見つけたある答えを授かる事が出来ました。

彼はイエロースタリオンに感謝し、

今後の旅に「光の贈り物」が役立つことを述べました。

 

レッドスタリオンが近づき、陽気に立ち上がった。

レッドスタリオンはドリームウォーカーに、

遊びの楽しい経験と、仕事と、重要な役割についてバランスを取る事が

楽しく学べる秘訣だと語った。

彼はドリームウォーカーに、ユーモアと学びが融和した時に、

教え手は人々の関心をより惹きつけることを気付かせた。

(※教えるのが上手い人や先生は、ほぼ面白さに溢れている。)

ドリームウォーカーはレッドスタリオンに感謝し、

人に伝える時は喜びの贈り物を思い出す事を約束した。

 

ドリームウォーカーは目的地に近づいていた。

アラパホ部族は近くにあった。
ホワイトスタリオンが目の前にやってきた。

ドリームウォーカーはホワイトスタリオンの後ろについた。

ホワイトスタリオンは他の全ての馬のメッセージの担い手で、

「能力を上手く使う知恵」を司っていました。

この雄大な馬は、バランスの取れたメディスン・シールドの化身であった。

ホワイトスタリオンは「権力の悪用は決して知恵をもたらさない。」静かに話だし、

続けた。

「あなた、(ドリームウォーカー)は必要な兄弟姉妹を癒し、

神聖なパイプを共有し、母なる地球のヒーリングの力を知る旅をしました。
そして、あなたは謙遜の知識を知り、グレートスピリットの一部に触れた。
メディスン・シールドである私があなたを背中に乗せ運ぶ時、

あなたは人々のニーズをもたらすだろう。

知恵とは、権力を簡単に与えるものではなく、

バランスのとれた方法で、より良くなるための役割を人々に与えるものだ。」

 

ドリームウォーカー、シャーマンは、

アラパポに来る目的は、これらの贈り物を彼らと共有することであったのだと悟りました。

    馬の力を理解するには、

バランスの取れたメディスンシールドを求めるために

どう努力するのかを理解する事かも知れません。

真の力は、あなたの旅の全体の記憶の中に見出す事が出来る知恵です。
知恵は遠い昔の人がモカシンで歩いたであろう道をあなたも歩き、

その通り過ぎた小道の記憶からやって来る。

思いやり、気遣い、教え、愛情、そしてあなたの贈り物、才能、能力を分かち合うことは、精霊・馬のメディスンパワーへの入り口です。

 

モカシン・・・北米インディアンの靴

メディスン・シールド・・・長所を活かし、他から奪うことなく自分を守る方法。

 

◆逆位置

馬が転倒してしまったら、

あなたはエゴから恩を仇で返すような大きな過ちを起こしているかも知れない。

あなたがグレートスピリットの精神から外れてしまう時、

馬は不自然な形で何かを知らせにやってきます。

 

さもなければ、あなたは権力を乱用する者たちと戦っているかも知れない。

 

「権力者に何か意見を言うべきか?」

「そのまま知らないふりをするのか?」

あなたは大変葛藤している状況なのかもしれません。

 

いずれにしても本来の長所を活かすためのバランスが崩れており、

メディスン・シールドをバランス良くどう使うかを考え直す合図です。

 

あなたの歩んだ道の全てが、一つの目的へと通じていたことが分かった時、

あなたとあなたの一族の力と発展を理解することが出来るでしょう。

これは「虹の戦士」もしくは「虹の女戦士」からの贈り物です。

「一つの光」はグレートミステリーからやって来て、

全世界の「光」へと移り変わり、虹のように様々な光彩となりました。

虹の全ての色とやってくる道は、元々はたった一つだと尊ばれています。

この知識を使ってあなたは同情だけで人に何かを与えるのを慎み、

力の出し方を正すのです。

あなたが光を与えれば、与えられた誰かはまた光を放ちます。

現在の状況だけで判断を変えてしまう自分自身を切り離しましょう。
(人はその人の立場でコロコロと考えを変えてしまいがち)

そして、運命の旅に出る前に、

全ての人が、この虹の小道を歩るいていることを知っておきなさい。

※虹の小道・・・・一つから様々なものが生まれる道。

◆概要

恐らく、他のどんな動物よりも、

馬は動物界の中で人類にとって最も密接したパートナーです。

現に、馬はそれまで不可能だった距離の移動、

そして、コミュニケーションを可能にしました。

それは、重い荷物を移動させる際にも、土壌の耕作にも役立ちました。

非現実世界では、馬は、存在する他の領域、意識改革、

そして心のより深い奥底や精神世界を旅するシャーマンを運んだとされる。

アメリカ・インディアンは馬を神聖な動物と称えました。

英国や北欧の宗教には、馬を物理的にも神秘性でも信仰の対象としてを実践していました。

 

パワーアニマルとしての馬は、

第一にメッセージ・発展の運び屋であり、

しばしば "関所"・”難関”を通過することに関連しています。

「関所を通る。」には権利も必要ですが、選ばれて通るための責任もあります。

それらを維持するバランスの取れた知恵も問われます。

メディスン闇は雲に力だけが強いわけではないのです。


感情的なレベルでは、馬は思いやりのある理解の必要性と結びついています。
馬は、特に知識と知恵の力、そしてコミュニケーションと共有に関連しています。

馬は小動物が大好きです。

自分よりも小さい生き物にはとても優しく接します。

また、馬自身も心を癒されます。

互いが通じ合い理解しあいなさいと教えてくれます。

 

アニマルメディスンパーフェクトガイドはこちらで販売しております↓

アニマルメディスン パーフェクトガイド 精霊動物52種について

アニマルメディスン パーフェクトガイド 精霊動物52種について